うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

植生調査

2017年04月22日 20時46分02秒 | 野外活動
さあ、出航 ^-^。



本当は4月の上旬に行く予定でしたが
悪天候のため、本日となりました。
山があまりに険しいため晴天であっても数日前に雨が降れば入れません。
また波が高いと船が出ないので
これまで何度も土壇場で中止になっていたのでした(汗)。

島への船は朝夕の2便しかありません。
乗り遅れてしまったら大変だ・・(とくに帰りはね;)



島へは約40分の船旅。
海、穏やかそうでしょ~、ところが・・
毎回のことですが、とにかく波が荒く
縦揺れ、横揺れ、海水ばっさ~と被るし、もう船が一番キツイです (;´Д`)。



エミューの牧場がある。



矢印の山をめざします。



ここが森への入り口です。
どこ?って感じですよね ^-^;
登山道のようなものはあったのかもしれませんが、ないです(汗)。



ヒゼンマユミ(環境省レッドデータ絶滅危惧1類指定)
群落はこのような森を1時間半入った先にあります。
こりゃ~今のところひとりでは無理(汗)。
早くルートを覚えなきゃ。



専門家のみなさん7名で入りました。
保全活動は10年も前から続けられているそうですが
この度は植生調査ということで呼んでくださいました。
ということで、私は植物種の同定を担当。

至る所に生えていたのが「ムサシアブミ」



黒花



緑花

黒と緑は8:2くらい。



変わり花。





ウラシマソウも。

この島のムサシアブミはとにかく巨大な株が多いこと(汗)。



ね(驚)。

長くなってしまいましたので、続きはまた次回にでも。

それはよいとして、気を付けないと色々な意味でキケンな森。
よじ登るという表現がよいくらいの急登に加え
林床はツル性植物などに覆われており、道のようなものは見当たらず
どちらから来たのか全くわからなくなってしまいます。

実はメンバーが遭難してしまいました・・
一緒に登っていたのに、まるで神隠しのようです。
携帯も圏外で連絡取れず、どうなってしまったのか未だわかりません。。
心配です。。
私は明日仕事ということもあり、下山することとなりました。
他のメンバーはもう船がないので、明日まで島へ留まることとなりました。
とにかく心配です。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビザールでんなあ~。 | トップ | 保全活動の成果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野外活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。