うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

「孫文蓮」観賞会

2017年07月15日 19時15分03秒 | はす探訪


長府庭園です。ふわ~眠い(汗)。
長府庭園は毛利藩家老格西氏のお屋敷です ^-^。
今年もハス解説の依頼をいただき、ありがとうございま~す。



書院にて。



早朝にも関わらず、多くの蓮ファンのみなさまが撮影しておられました。



この花が大変貴重なハス「孫文蓮」。
咲き始めは桃色で、咲き進むにつれ
白色に変化してグラデーションに。
大変優美なハスですよ♪



ミツバチがむっちゃ集まっている。
花の写真を撮っていたら、横のおじちゃんが・・
花ばかり撮ってもおもろない!
ミツバチ撮らなアカンで~というので、しぶしぶ撮りました(笑)。

孫文蓮とは?
大正7年に、日本に亡命していた中国革命の父「孫文」さんが
支援のお礼として田中さんにタネを贈ったもので
その後、ハス博士の大賀先生が発芽育成したものです。
孫文さんが田中さんに贈ったタネは
中国大連で1000年以上前の泥炭層から発掘されたもので
孫文蓮は「中国伝統蓮」に分類されているようですね。

ここでもまた「これは偽物だ」という議論があるようですが
ま、その話は専門家の先生方にお任せするとして(汗)。
孫文さんから戴いたタネから発芽させた実生から
栄養繁殖で維持されているのだから
本物で間違いないのでは!?とワタクシは思いますけどね ^-^;

例年では7月中旬~8月上旬が見ごろとなりますが
今年は異常なほど(過去に例がないほど)早かったそうで。
しかも何故か、咲いたと思ったらすぐに散り始めるらしい・・



ほぼ終りに近いです。
来週も解説にまいりますが、花が残っているか心配(汗)。



名物の「ハスうどん」と「ハス茶」を頂く。
モチモチしていて美味しかったですよ♪
長府庭園にご来園された際には是非 ^-^。

門外不出のまま各地の古寺などで保存されてきた
中国伝来の仏教蓮巡り!できたらいいな~。
開花期間と開花時間の関係で、かなりハードル高そうですが。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野暮ったくない! | トップ | 灼熱の地獄台でカキラン観賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はす探訪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。