うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

保全活動の成果

2017年04月23日 21時46分30秒 | 野外活動
森へ入ってから一時間半進んだところにありました。
天然記念物指定の「ヒゼンマユミ群落」です。



指定区域に到着 (;´Д`)。
ヒゼンマユミ自体が希少な樹種ですが
この島には他に類をみないヒゼンマユミが優先する群落が認められています。





これがヒゼンマユミ。
あっちにも、こっちにもあります。
絶滅の危機に瀕しているとは思えないほどの個体数です。

葉だけでも慣れてくると分かるようになりますが
かなり特徴的な樹皮ですので、これをみればすぐに分かります。



鋭利なもので引っかいたような樹皮模様。

私の任務は植生調査であります。
指定区域内に多い樹種はシロダモ、ヤブニッケイ、そしてヒゼンマユミです。
これからどのように植生が変わっていくのか継続的に調査をします。
というのも、持ち込まれた竹に群落が覆われていたのですが
それを10年にわたり地道に伐採し、現在はほぼ鎮圧した状態。
本来の植生に戻りつつあります。
一番キツイ作業もせず、途中参加で本当に申し訳なく思いますが
精一杯やっていきたいと思っています。



バクチノキもちらほらみかけました ^-^。
大きい木はありませんでしたが、実生がちらほら。
県内では準絶滅危惧種に指定されています。



キエビネも点々と。
フウランに似た香りもいいですね~♪

次は10月頃に島へ渡る予定にしています。
夏の間に草木はさらに生い茂るだろうし
次回はさらに難しいだろな~と覚悟しています(汗)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植生調査 | トップ | エビネ人気健在 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野外活動」カテゴリの最新記事