うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

珍しくないけど、珍しい。

2017年05月19日 21時26分45秒 | 草花
なんじゃそりゃ ^-^;





職場のビオトープに繁茂する「オオカナダモ」であります。
金魚藻としてもつかわれるもっともメジャーな水草 ^-^;
本来は南アメリカ原産ですが
1940年代に山口県で野生化したものがみつかりました。
その後各地へ広がり、繁茂して厄介者となっております(汗)。

職場のビオトープには生えていなかったのですが
ここ数年で突如増え始め、みるみる優占してしまいました (;´Д`)。
どこからやってきたんじゃい。。

で、珍しいのはオオカナダモの「花」(笑)。
当然ながらですが、花が咲くのですよ、これが。
ただあまりに小さいので
よほど気にかけていないと気が付かないレベル。
金魚水槽ではトリミングをするでしょうから
余計に花はみられませんよね。



私の手と比較。
小さいでしょ~。
しかし、ちゃんと水面に花茎を伸ばし咲いているから
思わず笑ってしまいます ^-^;



花弁はシワシワの紙のような質感で
なんとも頼りないですが、健気に頑張っているんだな~っと
しみじみしながら眺めておりました。

しかし、オオカナダモは雌雄異株で
日本には雄株しか入ってきていないらしい。。
となると、花が咲いても全く意味がないわけで
少し可哀そう(汗)。

ま~タネができなくたって、プチプチ切れながら
大繁殖することができるのですから。
オレたちだけで何とかしたるって感じかもね(笑)。



こちらも爆殖する「コウホネ」 ^-^;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノイバラを仕立てる | トップ | ビビってる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。