うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

開運の桜

2017年02月12日 23時34分16秒 | さくら探訪


年に2回、目前に広がる海に太陽が沈み
海、参道、鳥居が一直線に結ばれる、光の道ができるのだとか。

福津市(福岡県)に位置する「宮地嶽神社」
全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮であります ^-^。



凛々しい狛犬だ。



日本一大きい注連縄。
ご創建は1600年前。
「何ごとにも打ち勝つ開運の神」として信仰されています。

この日は偶然にも「招福だんご祭」の日で
何となく並んで、だんごを頂き。



三つのだんごには、それぞれ五穀豊穣とか意味があったはずですが
すっかりわすれてしまった(汗)。
わすれてしまったのだけど、ちょっぴりご利益はありそう!?

で、ここへ来た理由は、お参りでも、だんごを頂きにでもありません(笑)。
特別な桜「開運桜」の観賞であります ^-^;



お~咲いてる、咲いてる!
みなさん、一所懸命、写真撮ってる。
神様にもっとも近いところで、力を受けている桜ということで
これまたご利益がありそうです。



こんなカワイイ桜、はじめて出会ったかもしれない。
1~2㎝程度の小輪花が枝先にあつまって咲いています♪
2月上~中旬頃が見ごろとのことですが
早い年は1月から開花する早咲き種。



咲き始めは白色で、咲き進むにつれて
淡桃色、濃桃色へと変化するようです。
なので、一本の木に3色の花が咲いているようにみえましたよ。

この桜の種類が気になるところですが。
F植物園によると「寒桜」の一種とのこと(諸説あるようですが)

宮地嶽神社には、本種のほかにも桜の名木がありますので
また行きたいな~と思います ^-^。



ジンチョウゲがちらほらと。
職場のジンチョウゲは既に見ごろを迎えています。
今年はかなり早い開花です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退屈な一日 | トップ | 御神木のナラノキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。