うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

ダラダラ、アサギマダラ

2017年10月18日 20時25分10秒 | 生物
今年は何故か飛来の遅いアサギマダラ。
彼らにも事情があってのことでしょう、うんうん。



お食事中。



ちうちう。

ただいま職場含め8の会場でアサギマダラスタンプラリー開催中ですが
どこも飛来が遅れているし、頭数も例年に比べかなり少ないようで。
サワフジバカマの開花も遅れているので、それも原因のひとつかも。

楽しみにしている方も多いので
毒々しいなあ・・なんて口が裂けても言えません ^-^;
私の中のリトルうっTがそう言っているだけで、私は言ってません
なんじゃそりゃ(笑)。



ステンドグラスのような羽の、とても美しいチョウです♪

スタンプラリーは毎年やっていますが
そいえば別の会場の様子をみたことがなかったので
ちょっくら、隣町の「花の海」さんへ。
西日本最大級のシステム農場です。



大規模でした~ ( ゚Д゚)!
チョウの観察でしたら、ウチではなく、花の海さんへ(笑)。



出荷前かな~。
整然と並んだハボタン、サイズもそろってる!
すごいな~。
ハボタンの生産は簡単なようで難しいのが
とにかく、モンシロチョウ幼虫等の食害です(汗)。
薬剤散布は欠かせませんね (;´Д`)

30万本のコスモス畑も見事でした♪
コスモスはコスモスでも、キバナコスモスの畑です ^-^。





普通のコスモスはやや見飽きちゃった感がありましたし
良いもの見させてもらったな~って感じです。
15日までとのことで、もう残っていないかもしれません。

アサギマダラは、サワフジバカマが咲き終わると
次はツワブキの花にきます。
山ではアザミにとまっているチョウをみかけます。
キク科の蜜が好きなのですねえ。
ところが春はムラサキ科のスナビキソウに集まるそうで。
幼虫時代の食草はガガイモ科(キョウチクトウ科)だし;
意外とグルメなんだなあ(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャコウアゲハを呼びたくて

2017年09月11日 21時22分56秒 | 生物
ジャコウアゲハを呼びたくて。



ジャコウアゲハ。
ウマノスズクサを植えました ^-^。
ジャコウアゲハは絶滅危惧種ではありませんが
個体数は少ないようで、来てくれるかな~。



サルビア・レウカンサ



ブッドレア

バタフライガーデンは、アゲハチョウやセセリで大賑わいですが
サワフジバカマもちらほら咲き始めましたので
そろそろアサギマダラの飛来があるかもしれません ^-^。


庭園を歩いていると「こっちおいで」とおじちゃん。
「ハンミョウがおるよ!」
は、はんみょう!!
ちょこちょこ逃げ足が速いので、上手く撮れませんでしたが・・



小指くらいの小さな虫です。



拡大。
さすがにタマムシほどではありませんが、キレイな虫です♪
教えてくれてありがとうございました!おじちゃん。

職場のツツジ園に度々発生する繊細キノコの名前が判明!



「キツネノハナガサ」
菌類については全く知識がありませんので
キノコ図鑑で調べました ^-^;
3㎝ほどしかありませんので
キツネどころか、バッタノハナガサ(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スマイル!

2017年07月05日 22時01分40秒 | 生物
山口県セミナーパークの敷地内にある「万葉植物園」にて。



ヤブカンゾウですね~。



ハギも咲いている。

午後から研修がありましたので
早目に家を出て、午前中は野草観察♪
(※本日はワタクシ夏休みであります)



広大な敷地面積のセミナーパークは
植物園ではありません。研修施設であります ^-^;
ですが、植物園以上に植物が楽しめるかもしれません。
チャイニーズホーリーの植栽がカッコいい!

そしたら、何と林床をカサカサと動く生き物が・・(汗)。
よ~くみたらカニじゃございませんか~(笑)。
カニが森に!?
しかもおびただしい数です。



笑っているようで、実際めっちゃ怒っているというね。
キレッキレで、泡ふいてますから (;´Д`)。
かなり気性荒い。。



アカテガニって海の生き物かと思っていました ^-^;
実際、海で見かけますが
海にいるのは産卵のときだけのようです。
普段は森に棲んでいて、雑食ですが
主に落ち葉等を食べているらしいです。



木登りも上手。
しかし、ここ万葉植物園から海までは、約10km離れています。
産卵期には、ここから歩いていくのだろうか・・



バンパイアクラブが微妙に流行っていますが
それに勝るとも劣らない派手派手なカニですな~(笑)。
甲羅の色や模様はかなり個体差があります。

見るからに力強そうで、さすがにはさまれたら
ヤバイよ~、ヤバイよ~ってなりますね、これは(汗)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

レジンで固めてみた

2016年08月08日 22時04分44秒 | 生物
先日、職場で拾った「セイボウ」ですが
みればみるほど、興味がわいてきちゃって;



虫は全くの無知なので、チョイ勉強がてらミュージアムに立ち寄り。



いつもお世話になっているミュージアム ^-^。



拾ったのはコレかな~。



コレにもよく似てる。

というか、セイボウの種類の多さにびっくらこいたです(汗)。



これまたビックらこいた;
メモ忘れちゃったけど、海外産のカブトムシかクワガタの幼虫。
メガサイズ!


で、拾ったセイボウ。
レジンで固めてみました ^-^。



ビンボーだから、型枠は100均のタッパーで代用。
シリコンの型、高いんだもん。。

この度は3回に分けてレジンを流し込みました。
制作は4日かかっています。
これで2回目ですが、前回の反省を踏まえて制作しているので
クオリティーは各段にアップしたように思うな、うん。



型から外しま~す。



気泡も殆どないし、シロートにしては、まずまずの出来ではないでしょうか。
プロの方から言わせれば、ププってレベルかもしれませんが(汗)。



色もちゃんと残りました。
エメラルドグリーンが消えているのは、レジンの影響ではありません。
拾った後、何故かコバルトブルーに変色したの。

これから研磨しますが、これが一番難しいように感じます。。
前回は失敗しました(逆に透明度が落ちた;)
もっと研究しなきゃ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

光るものがポロリ

2016年08月02日 21時27分48秒 | 生物
アジサイ剪定していたら、チカっと激しい痛み(汗)。
一瞬、トリマーの歯に接触したのかと思っちゃいましたが
次の瞬間に、またチクっと・・
アシナガバチですわ~。

実は毎年、何度も刺されています(汗)。
しかし、今回のは強烈に痛かった。。
アシナガの大型種で、一瞬、小型のスズメバチかと勘違いしてしまいました。

もう刺されるのゴメンだから、事前に棒でつっついて
確認してから、剪定作業をしてますわ。。

で、日本には11種類のアシナガバチが生息しているそうですが



ヤマトアシナガバチ

このアシナガは、その中でも最も大人しい種類だそうです。
確かに、近寄っただけで威嚇してくる種類とはえらい違い。
とても大人しいです。
かなり至近距離で写真撮りましたが、そんな私にはお構いなしという感じ。

多くのアシナガは巣のフタの色が白ですが
ヤマトアシナガバチはフタの色が黄色なので、すぐに分かるそうです。
情報不足で絶滅危惧種には指定されていませんが、かなり珍しい種類とのこと。

でね!
ヤマトアシナガバチよりもっともーっと珍しいのを見つけたから
これはブログに書かなきゃーって思ったのです。
これは凄いハチですよ!!(多分)
メタリックブルーに輝く作り物のようなハチ!




こんなのみたことありますか?
アジサイ剪定しているときに、キラリと光るものがポロリと落ちてきて
みてみたら、コレだったの ^-^;

調べてみたところ
「オオセイボウ」というかなり珍しい種類のようで。
ちなみに幼虫は、スズバチという別種のハチの幼虫をエサとしているらしい。。

折角だから、レジンで固めてみようと思います ^-^。
この美しい色が残るとよいのだけど。。



キラキラ光るカメムシタケを封入したら、茶色くなってしまったの(涙)。
研究が必要ですね。。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加