うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

栽培スタート

2018年01月11日 21時55分31秒 | シクラメン
花が傷み始めたところで
来年も花を咲かすべく
セレナーディアの栽培スタート ^-^。



で、まずは一旦、花茎を全て切る。
引き抜いちゃうと、傷口になり、そこから菌が入っちゃうので。
あくまで「切る」です。
あとは自然にポロっととれるのを待つ。

底面給水鉢からぬいてみると、案の定、根腐れが目立ちます。
園芸シクラメンをダメにしてしまう理由のひとつがコレでしょ(汗)。
流水で古い鉢土を落とし、新しい鉢土に植え替える。

葉のサイズが揃っていて
葉数の多い株を選びましょう・・とはいうものの
セレナーディアは葉数が恐ろしいほど多く
このままでは蒸れてしまいそうです。
中心部は案の定、黄変した葉が・・
ということで、3分の1ほど葉を透かし



これで風通しばっちりです(笑)。

さあ、どうなるでしょうね ^-^。
夏越しが難しい、消耗品扱いの園芸シクラメンですが
ならばこそ、来年も咲かせてみたいなと思います。
しかし、根腐れがチョイ心配だなあ。。



極普通のガーデンシクラメンですが
1枚だけ長細い形の葉がありましたので
芽をとってみたものです。
ようやく花芽が上がってきました♪
親株と異なる花が咲かないかな~なんて期待してね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーシクラメンの栽培

2018年01月04日 22時28分21秒 | シクラメン
バイオテクノロジーによって生み出されたブルーシクラメン
サントリーフラワーズの「セレナーディアシリーズ」 ^-^。
日本フラワーオブザイヤーにも選ばれています。



セレナーディア・アロマブルー
優しい青紫色の花色は魅力的で
爽やかな香りまで楽しめます♪
いわゆるシクラメンの香りとは全くの別物ですね。
芳香剤に似た香りがあったような・・
そんなこんなで、大変人気の品種です。
大人気の品種なのです!
私も好きです!!(月イチガーデナーさん、スミマセン 笑)



その上で、あえて書こうと思う(怒られるよね、きっと;)

園芸店の方が口をそろえていうのが・・
花もちがわるい(傷みやすい)ごにょごにょ。。

そして
夏越し成功話を一度も聞いたことがない、ごにょごにょ。。

園芸シクラメンにそこを求めちゃいけないかもしれませんが・・
実際に作ってみなければ語れないってことで。



園芸シクラメン栽培に苦手意識はないのだけど・・
やっぱり、ヘコーンってなっちゃうのか・・(汗)。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

究極のブルーシクラメン!

2017年12月16日 20時30分05秒 | シクラメン
とうとう実物に出会えました!
「選ばれしシクラメン」に!!



植木の町「久留米(福岡県)」の平田ナーセリー本店です ^-^。



オリーブの古木に顔がめり込んでいるが気にしない(笑)。

この度は平田ナーセリー様に許可をいただいて
写真撮影させていただきました。
ありがとうございますっ!

選ばれしシクラメンの存在は
園芸雑誌等のライターである
Uさんに教えていただいて知りまして
どうしても実物をみておきたかったのですが・・
ところが地元で見られる機会なく(汗)。
(そもそも大きな園芸店ありませんので;)
本当に夢のようです。





究極のブルーシクラメンですよ、、
花色は勿論素晴らしいですが、仕立てのクオリティーも究極です (;´Д`)。。
は~ほ~と、ひとり感動しとりましたわ(汗)。



ラインナップは、江戸の青、胡蝶、月下、瑠璃玉、冬化粧の5品種です。



個人的に最も好きなのが`江戸の青´
感動的な美しさであります。。
この品種のよさを伝えるのは私の文章力ではなかなか難しいので
是非「植物生活」のウチダさんの記事を読んで下さい!
このシリーズのこだわりがよくわかります。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

砂糖菓子みたいな葉のヘデリ

2017年11月21日 19時34分07秒 | シクラメン
今年も原種シクラメン愛好家のみなさんと語らいました ^-^。





もちろんこの度の東京行の主目的でありまして。
田舎にいると、原種シクラメンをみる機会すらありませんし
東京のみなさん、ありえないくらい親切にして下さるので
(東京ではこれが普通なのか・・)
シクラメンもですが、みなさんとお会いすることのほうが楽しみで
私は毎年、何が何でも参加することにしています(笑)。





これが、横〇さんが仰っていたヘデリフォリウム。
花と葉が同時は、管理に関係するかもしれないけど
個性のが大きいかも!?というもの。
上の写真の株は毎年、こんな感じなのだとか。

素晴らしき、コウムたち ↓



ハート型のシルバーリーフ



非常にツリー葉模様がくっきりしたタイプ

アップできませんが、コウムの凄いのを選抜されていましたよ。
まだ発表できる段階にないとのことですが
きっと数年後には入手できるようになるかもしれません。

この度の集いで一番驚いた株!



なんとこれ、ヘデリフォリウムです。
葉色はかなり紫色がかっていて
パウダーをまぶしたような質感の葉です。
このような個体は誰もみたことがなくて
勿論、私もこんなのは初めてみました。
ひょっとすると、面白い突然変異である可能性がありますし 
今後の展開が楽しみなのであります ^-^。

しかも、タネから出たものではなく
ジョイ〇ル本田で購入した乾燥球根から出現したといいますから
さらに驚きました(汗)。

ああ、早く来年にならないかな~・・って小学生かジブン(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

葉と花が揃う

2017年11月17日 21時56分05秒 | シクラメン
休眠中もしっかり灌水を行うと!





C.ヘデリフォリウムも、葉と花が揃います ^-^;
もちろんそのような性質が強い個体もあるでしょう。



美しい葉模様のC.コンフューサム♪
C.コンフューサム=地味な種類という認識でしたが・・
最近のコンフューサムの葉模様はなかなか面白いものがありますね~。



深まる秋の夕暮れ (;´Д`)。。
明日の朝イチで東京へ行きます。
せっかくだから紅葉の名所を周りたいですが、どこがいいだろう。。
とりあえず新宿御苑は外せません。
イチョウの並木もみたいけど、葉っぱ残っているといいな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加