えっちゃんの星空CCD撮像日記(ほぼ毎日更新します!)

冷却CCDで今日も悪戦苦闘中、トホホ、、、。

アメリカの画像処理ワークショップ(セミナー)を羨ましく感じます。

2016-10-18 17:32:04 | 画像処理ソフト

外国の素晴らしい天体画像をみていたら、

その作者がよくワークショップを開いています。

今回素晴らしいなあと思った画像の作者は

pixinsightのワークショップを開いていました。

思わず参加しようかと考えました。(笑、ロサンゼルスでした。)

日本ではあまりそういう活動は見られません。

私の意見としてはお上手な方はどんどんセミナーを開いてほしいと考えています。

もちろん相応の有料は当たり前です。

photoshop一つとっても、一般的なphotoshopの解説本を読んでも

どのように天体写真に応用するのかさっぱりわからない、というのが

現実だと思います。

無駄に時間を費やすより、習う、実際に画像処理を目にするほうが断然早いです。

その方が沢山の人に天体写真を楽しんでもらえるでしょうし、

この趣味の世界も広がるのではないでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドーム内盗難防止装置 | トップ | 月が大きくて全く写りません... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nam)
2016-10-19 22:47:56
こんばんは。
内地では所属のクラブや仲間同士で勉強会などをやっている記事などを拝見したりしますが、こちらではあまり聞かないですね。
土地がデカすぎて人が散らばりすぎているからでしょうか(笑
みなんさどんな画像処理方法でされているかなど集まって談義するのも良いかもですね。
そのうちみなみ十勝天文村でみんなでやるのも面白いかもですね。
しかし、これからだと寒くてそれどころぢゃないですね^^;;
Unknown (えっちゃん)
2016-10-20 06:05:56
namさん

内地では結構やられているのかもしれませんね。

北海道は寒いので、熱心にやっている人自体少ないうえに散らばっていますもんね。

あっ、南とかち天文村でなくて、
みなみ十勝天文村でしたか。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。