えっちゃんの星空CCD撮像日記(ほぼ毎日更新します!)

冷却CCDで今日も悪戦苦闘中、トホホ、、、。

画像処理エンジンはすごい&QHY367Cは不思議なカメラ

2017-07-17 08:00:36 | 機材など

QHY367Cが最初に吐き出す画像、それはとてもつまらない画像です。

明るめの対象で、ようやくほんのり色が見える程度です。

それが本当の”RAW”画像なんでしょうね。

いろいろ手を加えて見られるような画像にするわけですが

デジカメの画像処理エンジンってすごいですね。

一瞬のうちに鮮やかな画像にしなければなりません。

そしてきれいですよね。

 

そして不思議なのは、D810Aでも、3分ぐらい露出すると、飽和して真っ白になっちゃいます。

QHY367Cはゲインを75%?(上1/4)くらいに設定して撮像していますが、まだまだ飽和する気配がありません。

ISOでいえば3200くらいに相当しそうですが、、、。(まったく根拠なし)

 

ただ、きれいに画像処理できるなら冷却カラー一発CCDはとてもいいですね。

LRGBなどというとてつもなく面倒なことをする気が失せました。(笑)

ほとんどの場合、モノクロ冷却CCDの終焉を迎えてしまった、そんな予感がします。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しい”串” | トップ | 皆既日食時のリチウムイオン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (uto)
2017-07-19 23:43:18
まぁ、実績が証明してくれると思っています。
フジGFX50Sのオーバーフルサイズといい、EOS5Dsの50MP超といい、Sonyα7RIIの裏面照射といい、旧来のSTL-11000の様な画素が粗い(が、感度は高い)モノクロ冷却CCDといい、この分野は魅力的な選択肢が多く、楽しいですね。
ただ、α7RIIはスペックはともかくとして、あんまり雑誌ではみかけないかな・・・
QHY367C、個人的には、前に書いた様に、あんまり良いと考えてないですが、使い方次第だと思っています。
何を使っても上手な人は上手ですよね。EOS5Dsの某氏の作品もそうですが・・。
理屈を越えたところに芸術があるのだと、今更ながら感じた次第。
善し悪しは、今後の実績で証明されていくと思います。
楽しみにしています。
Unknown (えっちゃん)
2017-07-20 08:24:27
utoさん

別に証明しなくとも、、、単なる趣味ですから。(笑)

コメントを投稿

機材など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。