□□お暇なら来てね。□□

□□韓流(パク・ヨンハ中心)、など興味の向いたものを紹介□□

殺人の告白

2017-06-10 18:10:10 | 映画
キム・ヨンエさんといえば今春お亡くなりになっていて。
ヨンハとは共演シーンはありませんがドラマ「茶の香り」でご縁が。
↓ 鑑賞時のブログ
・「茶の香り(茶香)(1999)
(2006.01.09)

・「茶の香り /パク・ヨンハ【中古】
【中古】 パク・ヨンハ 短編ドラマコレクション





パク・シフさんを当時この映画で知ったと思います。
実際に起きた「華城連続殺人事件」をベースにしたサスペンスというのが鑑賞のきっかけでした。
同じように映画「殺人の追憶」も鑑賞してて。
時効とは、時効廃止とはって相反する考えが浮かんでは消え複雑です。

(あらすじ)
時効の成立後、イ・ドゥソクという男が、自分は15年前に世間を騒がせた連続殺人事件の犯人だと告白する。
その後、暴露本を出版した彼はそのルックスの良さも味方し、一躍時の人として世間にもてはやされる。
一方、ずっと犯人を追い続けてきたチェ刑事は、本の中にまだ解決されていない事件の真相の記述がないことを不審に思い。。

それを日本でリメイクした「22年目の告白-私が殺人犯です-」が今日10日に公開されました。
韓国版はさすが復讐色が強かったけれど
日本版はどう展開させていくのか気になります。




↓ 設定も違うけれど、キャストを見た印象はこういう感じでしょうか?

パク・シフ    ・・・イ・ドゥソク        ・・藤原竜也
チョン・ジェヨン ・・・チェ・ヒョング刑事   ・・伊藤英明
チャン・グァン ・・・TV局長          ・・仲村トオル
キム・ヨンエ  ・・・・ハン・ジス 遺族団会長
チェ・ウォニョン ・・・テソク(ハン・ジスの息子)
キム・ジョング  ・・タンクン           ・・岩城滉一
チョ・ウンジ   ・・・・ガンスク(タンクンの娘) ・・夏帆
オ・ヨン      ・・・ドヒョク          ・・早乙女太一
パク・ウン    ・・・キム院長         ・・岩松了
ミン・ジア    ・・・スヨン           ・・石橋杏奈
リュ・ジェスン  ・・チャン・ヒョンシク     ・・野村周平
チョン・ヘギュン ・・J

そして「22年目の告白 -私が殺人犯です-」の小説版が、単行本と文庫の同時発売中。
曾根崎の告白本を編集する編集者を主人公として展開。

・「22年目の告白ー私が殺人犯ですー [ 浜口 倫太郎 ]
22年目の告白-私が殺人犯ですー (文庫)


・「殺人の告白 [ パク・シフ ]
『パク・ヨンハ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたに | トップ | / »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました。 (ぱくぱくるんるん)
2017-06-12 00:10:49
 かこさん、こんばんは。
この映画を観てきました。
最初は殺人犯が告白本だなんて気持ち悪いという印象でしたが・・・(現実でも自分はそういう立ち位置なので)
 でも藤原竜也見たさについ。あまり書くとネタバレするので内容は書きませんがそこそこ面白かったです。途中からストーリーが一挙にバレバレ感ありましたが。
パクシフさんの映画のリメイクなのですね。そうかな~?と思いつつ何も調べず行ってしまいました。過激な描写もあるので怖い場面でも大丈夫な方は見てもいいかもしれないですね。
いろんなことを考えさせられました。
ネタバレ部分の感想は良かったらメールで。
コメントありがとうございます☆ (か こ)
2017-06-12 11:35:52
ぱくぱくるんるんさん
こんにちは(*''▽'') もうさっそくご覧になったのですね!
藤原竜也さん、私も好きでよく作品を鑑賞します。

韓国版に触れずに鑑賞されたのは
どうしても比べて作品に集中できないかもしれないので良かったと思います。

舞台挨拶に参加した友人からどうだったか展開を聞きました。
演出を変えてきた所なども、そうきたか!とか、だよね~!とか
見応えあっただろうなと想像してみました。
ぱくぱくるんるんさんのネタバレ感想も伺いたいので
お時間ある時にぜひメールいただけたら嬉しいですっ(*''▽'')♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。