おじいちゃんといっしょ

ボケには突っ込みを!漫才みたいな
五十路娘の初めての介護体験記!
ほのぼの のんびり 時にはイライラ介護します

シンデレラ

2016-12-24 15:47:40 | 日記
 夕べ久しぶりに夢を見ました。

普段から、寝つきは悪いけれど

寝てしまえば爆睡な私は

あんまり夢など見ることはないんですが

たま~に深層心理が夢に現れるのか

おいしいもの食べに行ってる夢などを

見たりなんかします・・。

夕べはよくは覚えてないんだけど

どうも外出をしていて

めちゃ楽しい気持ちでいるんだけれど

はっと気づいたら

「いやん、今日おじいちゃん所へ行ってないやんw

もう、めっちゃ夜遅いやんw

いやん、すっかり忘れてたーー!」という

なんとも、ありえそうでちょっと笑う夢でした。

こんな私でもやっぱり

心の奥底に「おじいちゃんとこ行かなきゃ・・行かなきゃ・・」という

多少、強迫観念みたいなものがあるのかしら(笑)

いや、笑ってたらいかん、ちゃんと毎晩通わなければね。

でもやっぱり私の中で

何があっても、たとえ熱が出ても

おじいちゃんとこへは行かなければ・・・ということが

知らず知らずどこかプレッシャーになっているのかしらん・・と

思ったりして。

そういえば先日、仕事が少しだけ遅くなって

急いで訪ねていったらば

おじいちゃん、ちょうど冷蔵庫から出した

冷たい冷たいお弁当を食べているところでした。

「だから、、、私が夕方必ず来るから

それまでは食べずに待っててって!!

食前の薬があるんやから・・・

それから、もし食べるんやったら

ごはん、温めてって!!いつも言うてるやん・・・」

おじいちゃん、見るや否や

いろんなこといっぺんに言ってしまったけど

結局は食べていいんだか悪いんだか

おじいちゃんにはよくわからん話になってるし

そもそも今が何時かわからん人に言ったところで

どうなるものでもないんだけども。。。

まあそんなことがあったからかどうかはわからないけど

おじいちゃんちに行き忘れる夢っていうのは

ちょっと笑ってしまったのでした。


さて、五十路のシンデレラは今夜もお時間までに

すぐに脱げそうになる汚い靴をあわてて履きながら

おじいちゃんちへ馳せ参じるのであります。

ああ・・たまには途中で素敵な王子様にでも

出会えますように・・・・。





『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ、食べてる途中でしょう... | トップ | もういくつ寝ると »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL