かこぶろ。

日常、映画、テレビ、音楽、アイスホッケー、興味あるものを気分のままに綴ろうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クローズド・ノート(2007)

2007-09-23 17:03:39 | moviE
公開は来週29日(土)から。
今月の報知の試写会は、行定勲監督の。
「Love Letter」がとても好き。
酒井美紀さん、柏原崇くんがとても良かった。
「Go」も「セカチュー」も好き。
自然の美しさや、表情を大切に撮っているような印象があります。

原作の雫井脩介さんは、「犯人に告ぐ」が豊川悦司さん主演で映画化され10月17日~公開。
こちらはサスペンスで先にWOWOWで先行上映があったようです。
こちらも楽しみ。

報知では「パッチギ!」で沢尻エリカが新人賞を受賞したのを縁に、今回の舞台挨拶のオファーをしたとか。
上映後の舞台挨拶は今回が初めてだったようです。
作品のイメージとのギャップの激しさはピカイチですね!
エリカ信者が劇場には沢山いたのですが(徹夜もいたとか)、ファッションやヘアメイク話は私にはどうでも良かった。
 「(行定監督の)ドキュメンタリーをテレビで偶然見て、ワンカットにとてもこだわりを持って作っているなと思ったところに、今回の話がきた」
 「自転車の二人乗りのシーンが一番印象に残っている」
 「いい風が偶然吹いて、良かったのは採用されたワンテイクだけ」
 「今後は(ワイヤーもの含め)アクション映画に出てみたい」
という感じであまり話は広がらず、
進行の方には、撮影や共演者や演技についてもっと話を聞き出して欲しかった。
とはいえ話したところで、ま、あまり上手く伝わってこないので。。。(以下自粛)

・原作 雫井脩介 「クローズド・ノート
・主題歌 YUI 「LOVE&TRUTH」 ←「タイヨウのうた」ダブル雨音薫~w
・DVD 「映画「クローズド・ノート」Music Movie with YUI

<公開時コピー> 「私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。」
<あらすじ> 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで香恵の部屋を見上げていた男性を見かける。
ある日彼女は、バイト先で万年筆を買いに来たその男性と再会。
彼はイラストレーターの石飛リュウ、香恵は次第に心惹かれていく。
アパートでは、前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。
後ろめたさを感じつつも、ついノートを開いてしまう香恵。
それは、真野伊吹という小学校の女性教師が書いた日記で、
生徒との交流や、隆という男性との恋の悩みなどが綴られていた。
読み進めるにしがたい、伊吹先生に憧れを抱き始める香恵。
次第に伊吹の恋とシンクロするように、香恵もまた石飛への想いを募らせていくのだったが。。。
沢尻エリカ ・・・堀井香恵
伊勢谷友介 ・・石飛リュウ
竹内結子 ・・・・真野伊吹
永作博美 ・・・・可奈子
板谷由夏 ・・・・山崎星美
田中哲司 ・・・・鹿島
サエコ ・・・・・・池内ハナ
中村嘉葎雄 ・・喜一郎
黄川田将也 ・・夏目涼
篠井英介 ・・・・瀬川
粟田麗 ・・・・・・君代の母
山口愛 ・・・・・・水原君代
石橋蓮司 ・・・・中沢正道
□HP http://closed-note.com/index.html 
 ↑ 撮影に使われた伊吹先生の日記もあり。 これがけっこう楽しい。
□オフィシャルブログ http://yaplog.jp/closednote/
(↓ 注:以下ネタばれあり)☆☆☆★★

秘密がある、と沢尻エリカも言っていましたが。
ドコ?
隆=リュウ、伊吹先生は亡き人、
あらすじ読んで想像できたまんまの展開でしたが。
日記を読んで伊吹先生は写真があったけれど、隆は想像するしかないので部屋にあるポスターの夏目涼を当てるところ。
はぐらかされません。
なので、見所を探すとすればどう魅せていくかでした。
ロケ地はどこだろう?自然の多い、携帯は出てきたけれど昭和の雰囲気のある、どこか懐かしい感じ。
伊吹先生の日記も2006年なのにタイムスリップしたよう。
マンドリンの篠井英介さん、バイト先の永作博美さん、いい味を出していて素敵でした。
伊勢谷友介くんも良かったです。原石のようでパワーをいっぱい持っていて宝石のようにキラキラしてて。
男泣きするシーンが泣き所なのかしら?泣けませんでしたが。
想いは表現しないと、しっかりとは伝わらないものなのです。
爽やかさや温かさを感じる映画でした。

香恵と伊吹先生の、女性の可愛らしい片想いが綴られるところは、ぁ~、あるある、わかるな~というシーンもたくさん。
伊吹先生はどうしてああも達観しているのだろう。
沢尻エリカが演じることによってシーンによっては上から目線ではなにつきましたが、香恵という女性も純粋で真っ直ぐで好きです。
太陽の子たちも可愛かったな~~~。
私も小3~4年と同じ担任だったのですが、ユニークで時に厳しくパワフルな人でした。
さすがにもう引退してるかな。
万年筆も入学祝に買ってもらったのを思い出しました(形見にはなりませんでしたが)。
今、万年筆を使う人ってどのくらいいるのかなぁ。
ぁ、胸を叩くポーズは、竹内結子も出演の「プライド」を思い出しました(向こうはギュッとするだけだけど)。フフフ

2007年9月21日(金)よみうりホール
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盛りだくさん! | トップ | 宝探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クローズド・ノート舞台挨拶試写会 (アートの片隅で)
「クローズド・ノート」舞台挨拶試写会に行って来ました。 舞台挨拶は、沢尻エリカです。 18時開場だったのですが、知人が16時から並んでくれたので、なんと前から2列目で観れました。(私は15分前の到着だったのですが、、、、○○さん、どうもありがとうございました...
あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシー...
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
【2007-137】クローズド・ノート Closed Note (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画...
『クローズド・ノート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村...
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介
クローズド・ノート (Thanksgiving Day)
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観...
映画「クローズド・ノート」・・・映画として楽しむ! (システムエンジニアの晴耕雨読)
映画「クローズド・ノート」 封切から早や三週間・・・ あのエリカ様騒動から三週間・・・ で、金曜の夜ということもあってか、 観客は、自分を含めて2名でスタート?! 途中、お二人入ってきて、4名・・・・映画館大丈夫? ・・・なわけないので、そろそろ打ち切...
映画『クローズド・ノート』 (頑張る!独身女!!)
他人の「秘密」を覗いてしまったことがありますか。読んでしまった「日記」覗いてしまった他人の心。「日記」の恋に導かれるように彼女の恋がはじまる。恋するときめきも、片思いの痛みも、いつもわかり合えた。でも、読んではいけなかった。決して他人に語られなかった、...
mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさ...