かこぶろ。

日常、映画、テレビ、音楽、アイスホッケー、興味あるものを気分のままに綴ろうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンデレラマン (2005)

2005-09-20 23:26:59 | moviE
<原題> 「CINDERELLA MAN」
<公開時コピー> 「――心で語り継がれる《奇跡の実話》――」
「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督とラッセル・クロウが再びタッグを組み、実在のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡の半生を映画化。
共演は「シカゴ」のレネー・ゼルウィガーと「サイドウェイ」のポール・ジアマッティ。
「サイドウェイ」は見ていないのですが、ポール・ジアマッティさん演じるジョーのブラドックへの熱い想いをとても感じました!!!
ジョーなしでブラドック復活はなかったと思います。男気ですな。
144分という上映時間を感じさせない素晴らしい出来でした。

<あらすじ> 愛する妻メイと3人の子供に囲まれ幸せに暮らすジムは、ボクサーとしても将来を嘱望されていた。
だが1929年、彼は右手を故障してしまったことをきっかけに勝利から見放されていく。
さらに時代は恐慌を迎え、やがてジムもライセンス剥奪で引退を余儀なくされ、失業者の一人として肉体労働をして家計を支えていた。
そんなある日、元マネージャーのジョーから、一夜限りの復帰試合の話が舞い込んでくる。
相手は勝ち目のない新進ボクサー。
それでもジムは、その報酬で家族を救えるという一心で試合を引き受けるのだった。。。

ラッセル・クロウ Russell Crowe ・・・・・・・・・・・・ジム・ブラドック
レネー・ゼルウィガー Renee Zellweger ・・・・・・メイ・ブラドック
ポール・ジアマッティ Paul Giamatti ・・・・・・・・・ジョー・グールド
クレイグ・ビアーコ Craig Bierko ・・・・・・・・・・・・マックス・ビア
ブルース・マッギル Bruce McGill ・・・・・・・・・・ジミー・ジョンストン
パディ・コンシダイン Paddy Considine ・・・・・・・マイク・ウィルソン
コナー・プライス Connor Price ・・・・・・・・・・・・・ジェイ・ブラドック
アリエル・ウォーラー Ariel Waller ・・・・・・・・・・・ローズマリー・ブラドック
パトリック・ルイス Patrick Louis ・・・・・・・・・・・・ハワード・ブラドック
ロン・カナダ Ron Canada ・・・・・・・・・・・・・・・・・ジョー・ジャネット
デヴィッド・ヒューバンド David Huband ・・・・・・・・フォード・ボンド
ローズマリー・デウィット Rosemarie DeWitt ・・・サラ・ウィルソン
リンダ・カッシュ Linda Kash ・・・・・・・・・・・・・・・ルシール・グールド
ニコラス・キャンベル Nicholas Campbell ・・・・・・スポーティ・ルイス
□HP http://www.movies.co.jp/cinderellaman/
(↓注: 以下ネタばれあり)☆☆☆☆★

1929年10月24日ブラック・サースデー「暗黒の木曜日」、はニューヨーク株式市場が大暴落し、世界恐慌が始りました。
第1次世界対戦終戦後アメリカ経済は好調だったにもかかわらず、この日ニューヨーク工業株30種平均が大幅な下落に転じ、アメリカ経済は未曾有の不況へと落ち込み、それが世界にも波及して世界大恐慌へと発展。
この映画の中でもよくその名前が出てくる、1920年代の繁栄の守護神のように思われていたハーバート・フーヴァーが大統領に就任してから、わずか半年あまり後のこと。
株の値段が下がっただけで大恐慌になるわけでなく、それにつづいて、物が売れなくなり、仕事がなくなり、労働者が職を失い、職と食を求めてさまようホームレスがあらわれ、工場や会社が次々と閉鎖され、倒産するようになってゆく。
あらゆる経済活動が落ち込んで、社会の秩序が混乱する状態になって、大恐慌となるのです。
そんなフーバー政権の下で貧困にあえぐ時代が背景となっています。
そんな中でも生き残っている金持ちもいる。。。。

「ミリオンダラーベイビー」(おまけで「美しい彼女」)とボクサーものを今年は見る機会が多い。
これはまさに真打。
カメラマンもリングにあがってパンチを受けながら撮影しただけあって迫力は違います。
試合のシーンはとてもエキサイトで観客の盛り上がりも臨場感があって、観ていて自分もそこにいるかのように体に力が入っていました。
魅せます。
予想がつくラストでさえ、一緒に立ち上がってガッツポーズしたくなりました(笑)
相手のボクサー役もすべて現役。
コーン・グリフィン役のアート・ビンコウスキー、ジョー・ルイス役にトロイ・アモス=ロス、アート・ラスキー役にマーク・シモンズ。
ラスキー戦を撮影中、あまりにも強烈な一発でラッセル・クロウさんが倒れスタッフが凍りつくアクシデントもあったそうです(そのカットを最終カットで使うあたりさすが)。
ファイトシーンは最大の見所になりました。
ジム・ブラドックはこの時30代だそうで、40代のラッセル・クロウさんが。。。とも思うけれど30代でじゃぁ誰が、となると挙がりません。
「家族のため」「セカンドチャンス」という人間ドラマも良かったですけどね。
ぁー久々に感動した。
前半の、友達が両親の元を離れてよそにやられるのを見て不安になったせいで長男が万引きをする。
それを知ったブラドックは「お前たちを絶対によそへはやらない」と約束する。
この子役がまた上手くて。
ラッセル・クロウさんは自身に子供が生まれたら落ち着くかも、と暴れん坊卒業宣言をしていたけれど実現するかもしれません。
子供と接する姿、その笑顔はステキでした。
8キロ落としてのぞんだブラドック役、試合のシーンではジム・ブラドックさんの次男が見に来ていたのをTVで見ました。
「幼い頃に見た父の姿にそっくり」と絶賛していました。
ラッセル・クロウさんは渋く低い声がまず良いです。
作品選びも上手いし、もちろん演技だって素晴らしかった。
恥も外聞も捨ててブラドックが救済センターにお金を借りに行ったり、ボクシングのプロモーターをやっている金持ち連中に頭を下げに行くシーンも切なかった。
「ミルク」
戦う理由を尋ねられこう答えます。 日々の生活のため、家族のため、私たちとかわらぬ生きるために、という理由がいい。
「すごい女だろ?」
チャンピオンの挑発を、さらりとかわして軽くパンチを入れる所もニヤニヤして見ていた(笑)
レネー・ゼルウィガーさんも演技は上手いし、あのほわわーんとした柔らかい声も魅力的なんだけれど、「ザ・エージェント」の頃とまではいかなくともマックスの奥さんくらいもう少し貧相感が欲しかった気もします。
「あなたは、みんなの希望だけど、私の大切な人」
個人的なことですが彼は大工さんなので、危険なボクシングの試合によって愛する夫を失うの事に怯えるメイに共感はします。
それでもブラドックの想いを理解しラスキー戦の前に会いに来たメイにもジーンときました。

2005年9月19日(月)MOVIX三郷
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「SHINOBI」米リメークへ | トップ | ジョディ・フォスター新作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『シンデレラマン』 (PEACH PEACH DIARY)
ボクサーとして華々しい活躍をしていたジミー・ブラドック(ラッセル・クロウ)。 大恐慌の中、ボクサーのライセンスも剥奪され、食べる物にも困るようになる。 彼には愛する妻(レニー・ゼルビガー)と3人の可愛い子ども達が…。 究極の貧困の中、ジミーは再びリングへ.
【DIARY】---「シンデレラマン」 (お洒落で美味しいぶろぐ)
仕事帰りに、ラッセル・クロウ主演の 『シンデレラマン』を見てきました! 公開間近だからなのか レイトショーだというのに、結構な混み具合。 ストーリー的には、予測できる内容ですが 大好きなラッセル・クロウが出演しているので 思わず見入ってしまいました。
シンデレラマン (Akira\'s VOICE)
ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。
『シンデレラマン』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月25日 シンデレラマン Cinderella Man 実在した伝説のボクサー かつて、“シンデレラマン”と 呼ばれた男がいた 2005年9月17日(土)より全国ロードショー 2005年6月3日全米公開 2005年/アメリカ ??心で語り継がれる《奇跡の実話》??
シンデレラマン (ネタバレ映画館)
 歯を落としちゃった・・・今度はマウスピースも落としちゃったよ・・・タイトル戦まで落としちゃったらどうしよう・・・  「アカデミー賞最有力候補!」などというキャッチフレーズが付いてしまうと、ちょっと身構えてしまうものだ。しかも実話である。一昨年の『シービ
ボクシングで脱落しても、人間として堕落しなかった男◆『シンデレラマン』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月13日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて アメリカ大恐慌の時代、人々に希望を与えた\"シンデレラマン\"と呼ばれたボクサーが居た。 前途有望なプロボクサー、ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は、妻・メイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供に囲まれ、
「シンデレラマン」試写会 (ミチミチ)
「シンデレラマン」 監督 ロン・ハワード CAST ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/・・・ 「シンデレラマン」試写会、東京厚生年金会館 会場がでっかいだけに大勢の人でした。そして・・・映画は・・・ おもしろいです!お勧めです! ボクシングの試合のシ.
シンデラマン (シカゴ発 映画の精神医学)
6月3日アメリカ公開 9月日本公開  「Mr.&Mrs.スミス」と「バットマン ビギンズ」をハシゴしようと思って、「ミスター・アンド」を見た後、別な劇場へと急ぐ。「バットマン・ビギニング」の15分後の回は、売り切れになっていた。凄い人気だ。その次となると、45分後に
シンデレラマン-映画を見たで(今年120本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ 評価:87点(100点満点) テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう
シンデレラマン (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ...
「シンデレラマン」 (こだわりの館blog版)
10/2 丸の内ピカデリー にて ボクシング界で起こったこれほどの奇跡があまり知られていないとはもったいない! これもアメリカ大恐慌という時代が産んだ悲劇なのでしょうか…。 監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジア
『シンデレラマン』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな?