ホトトギスの呟き

日常生活を綴っています。
少しでも役に立つヒントを発信できればいいな、と思います。

高圧洗浄機のデモ

2016-12-07 14:03:35 | 道具

 一昨日、義妹から高圧洗浄機を借りた。
といっても、甥っ子も一緒に来て、設置し操作方法をレクチャーしてくれた。
 一番やりたかったのは、槇の刈り込み済の枝葉の中に、溜まった
枯れ枝・枯葉を吹き飛ばすこと。
これは見事できました。成功です。
一番小さな高圧洗浄機らしいが、この仕事に関する限り、充分使える。
積年の悩みが、これで一つclearできるめどがついた。


 次に、槇の枝に寄生している、コケだかカビだかを水圧で落とす。
実際に細い枝に水を当てると、ある程度は剥がすことはできる。しかし、
水の当たらない側は剥がれ落ちない。
水の向きを変えてやらなければならない。
数が多いので、ものすごく大変だ。
又、隣家や道路に向けては放水できないので、非常に制約が多い。


 太い幹は比較的易しい。
但し、背の高い木の上方には水は届くが、カビなどを剥がすまでには至らない。
甥っ子曰く。
powerの大きい洗浄機ならある程度は背の高い木も大丈夫。
しかし、それでもできない場合は、3脚に乗らないとだめかな。
長い延長パイプもoptionで売ってはいるが、高価である。


 気になることは、この吹き飛ばしたカビなどが、他の枝葉にくっついたら、
そこから寄生なり被害が拡大するのかな ?


 仕事中に洗浄機の活用方法を一つ思いついた。
母屋や小屋の雨樋の清掃である。
我が家も含めて周辺に立木や竹が多いので、雨樋には毎年落ち葉が大量に
溜まっている。
これも吹き飛ばすことができるなー。


 問題は2点。
水圧で落ち葉を吹き飛ばすと、周辺に落ち葉が飛び散る。
壁や屋根にくっつき、始末が悪い。
もう一点は母屋の屋根は高いので、高所作業になる。
怖いから、毎年掃除している訳ではない。
昔の大きな木製の梯子もあるが、重くて一人では操作できないし、
どうしたもんか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕪の疎抜きと草取り | トップ | 師走の1日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。