☆映画の旅の途中☆

色んな映画をどんどん観る旅

『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』

2017年05月03日 | 邦画(クラシック)
『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(1960)
監督:松林宗恵
出演者:夏木陽介、佐藤允、上原美佐、鶴田浩二、
加東大介、三橋達也、小泉博、宝田明、池部良、小林桂樹、三船敏郎
音楽:團伊玖磨
【作品概要】
東宝初のカラー・ワイドによる戦争映画で、“太平洋”の名を冠した三部作の一作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦での敗北までを描く。

【感想レビュー】
錚々たる顔ぶれの映画でした!忘れかけた頃にネットレンタルで届いたのですが、どうやら池部良さんお目当てでリストに加えていた模様…


この錚々たる顔ぶれは、各々が実にあっさりとした出演シーンで、それがまたこの映画の豪華さの所以なのです、きっと。

客観的な描写も良くて、空中戦における日米の攻防なんかにも、軍人同士の矜持が垣間見えます。

戦闘機にて、結婚をするとの報告を、先輩の上官にするシーンなどには、民間人と軍人を繋ぐリアルさがありました。
海軍のプライドなんかも垣間見えたり。。

スター級の俳優陣のあっさりした登場シーンぶりは、当時の命の儚さをさえ物語ります。

時代の空気は恐ろしい、としみじみと感じ入りました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『セックスと哲学』(2005) | トップ | 『独裁者と小さな孫』(2014)  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画(クラシック)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL