手麻利・織子

貴方の思い出を織物をとうして繋いでみませんか。

杉浦日向子の食・道・楽を読んで

2017-03-19 12:41:32 | 日記

 杉浦日向子の本を読んで  

 三日月さんからいただいた「クリームパン」の縁で、杉浦日向子の本を読むことにした。私の知識では、江戸文化に詳しい方だと存じあげていたぐらいで、興味も持たなかった。が、言葉の深さや多さに脱帽、まったり楽しむ生き方にも脱帽、日本文化の研究者であることにも脱帽。三日月さんは晴耕雨読の生き方が似合う方だから、日向子さんがすきなのだと感じました。

「杉浦日向子の食・道・楽」より目に留まった言葉

具沢山味噌汁

ひとりの正月、特別な支度もなく、さばさばに、気持ちの良い退屈な時間、それがわたしの正月だ。

梅酒でまったりわが家の春

 春の足音 

 早咲きの桜が咲きました。近所の三島神社です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三日月さんとのおしゃべりは... | トップ | 温泉友の会 「琴弾回廊」を堪能 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。