昭和少年漂流記

破壊、建設、発展と、大きく揺れ動いた昭和という時代。大きな波の中を漂流した少年たちの、いくつかの物語。

1969年。僕たちの宵山 ―昭和少年漂流記第二章―22

2017年03月20日 | 日記

それから三日後、夜遅く、桑原君が突然やってきた。眠りに落ちる寸前だった。

窓にコツンと小石がぶつかる音に起き上がり窓を開けると、道路の中央に黒い人影が佇んでいる。桑原君だった。座り込みを誘いに来たのだと思った。

階下から先導し、静かに招き入れた。部屋に入り振り返ると、桑原君は入口で立ちすくし頭を垂れている。

「夜中にすまん。販売所閉まってるもんやから」

小さな声が震えている。袖をめくった長袖のシャツもジーパンも汚れている。

「いいから、入って」

小声で促し、そっと腕を引く。

裸電球のスイッチを入れる。灯りを受け、桑原君の顔が歪む。鼻血の痕跡がある。

「怪我してるんちゃう?」

洗面器に電気ポットの水を入れ、座らせる。水に浸したタオルを差し出す。

「いや、大したことない。大丈夫やから」

小声に力を込めるが、語尾が震えている。

「座り込みに行ってたんや」

目と目が合う。座り込み?穏やかな活動のはずでは?

「吸うか?」

タバコを差し出し、火を点ける。

「機動隊や」

ポツリと言って大きく煙を吹き出し、桑原君は俯いた。その姿が僕には意外なものとして映る。

座り込みに参加すると決めて以来、桑原君の言葉は過激な色を帯びるようになっていき、山下君を困らせ、大沢さんを辟易とさせていた。僕は、桑原君の活動家としての資質が座り込みに向かわせている、と思った。“おっさん”の一人、“長髪”にただならない興味を示したのも、その資質あってのことだろうと思った。

座り込みは過激な行動ではない、静かにただみんなで座り込む抗議行動だ、といった説明は受けてはいたが、きっとそのうちに桑原君は、ヘルメットを小脇に、機動隊との衝突を武勇伝のように語る男になっていくのだろう。そう僕は思っていた。座り込みから帰ってきた桑原君は、しかし、違っていた。

「殴られたんか?」

舌を口の中で動かしているのに気付き、覗き込む。切っているのかもしれない。

「1発だけやけどな」

「切れてへんか?」

「大丈夫……ほんまに大丈夫‥‥なんやけど……」

口を僕に大きく開けてみせた後、桑原君は黙り込む。体に受けた痛みや傷よりも大きな痛みと傷を心に負ったように、僕には見える。

 

それから、僕たちは徹夜で語り合った。

桑原君がその夜経験したことを、僕はつぶさに聞いた。桑原君がその経験を通じて何を感じ取っていったかも、つぶさに聞いた。そして、僕の質問に答えているうちに起きていく桑原君の中の変化を、目の当たりにした。

闘争の現場、最前線には主義主張など存在しないことを桑原君は痛感した。

「学生のくせに何しとんじゃ!お前ら」

それが、機動隊の先頭にいた同年代と思しき隊員の第一声だった。

「勉強だけしとかんかい!」

後続の隊員はそう言って“引っこ抜き”を始めた。やはり同年代だった。

“引っこ抜き”されないように腕をしっかり組んでいた隣の女の子が、ターゲットにされた。

「お前、どうせ恋人もおらんねやろう」

2~3人の隊員に掴まれ、座り込みから引き剥がされていく彼女に、嘲笑が浴びせられる。隊員たちの手は明らかに意図的に彼女の胸や尻を掴んでいる。

桑原君は顔を上げた。睨んだ目が機動隊員の目と交差した。

「文句あんのんか、コラ!」

腹と脛を蹴られた。激痛に思わず顔を歪めながら、蹴った機動隊員を見上げた。やはり同年代だと思われる若い隊員だった。頬を一発殴られた。

“引っこ抜き”で歯が抜けたようになっていき、リーダー格の男の指示で座り込みは終わった。引っこ抜かれた者たちが気になり、桑原君は地上へ向かう階段の途中で立ち止まり振り返った。

「早う行かんかい!」

後ろから怒鳴られた。機動隊員かと思った。が、座り込み仲間の一人だった。

四条小橋まで歩き、同行していた女の子とうどんを食べることになった。店の前で彼女は口の端から流れ出ていた血を拭いてくれた。ジーパンとシャツを軽くはたいてもくれた。店では向かい合わせに座り、きつねうどんを注文した。口の中の傷にうどんが沁みた。彼女に、これまでの座り込み経験をたっぷりと聞かされた。彼女は近くの下宿暮らしだということがわかった。

「官憲に追われた時は逃げてきていいわよ」

時間を掛けて食べたきつねうどんの最後の一筋をすすり終わると、彼女はそう言って微笑んだ。

「じゃ、またね」

うどん屋の前で言い交わし、手を振って別れた。

歩き始めると脛がひどく痛んだ。祭りの夜、喧嘩に巻き込まれた時の痛みを思い出した。

「売り言葉に買い言葉で始まる喧嘩と一緒やないか。て思うてなあ。馬鹿々々しさと悔しさで泣きそうやったわ」

桑原君は苦笑いをした。そして、苦笑いを微笑に変えると、こんなことを言った。

「あんなお祭りより、宵山の方が絶対ええと思うで。楽しんできたらええんや」

                  Kakky(柿本洋一)

  *Kakkyのブログは、こちら→Kakky、Kapparと佐助のブログ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1969年。僕たちの宵山 ―... | トップ | 1969年。僕たちの宵山 ―... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。