晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館 出張展示】 2005年9月撮影 六條院行幸 童舞「賀皇恩」

2015年06月08日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都文化博物館別館で行われた風俗博物館出張展示のこと。

「女房の局」 に引き続き、
2005年9月に京都文化博物館別館で撮影した
風俗博物館の出張展示での様子です。

寝殿の前に広がる庭では
『源氏物語』<藤裏葉>より
童舞「賀皇恩」の様子が展示されていました。









殿上童たちによる舞楽「賀皇恩(がおうおん)」を
冷泉帝・朱雀院・源氏たちにご覧に入れます。

とりわけて
太政大臣の末子である10歳くらいの子が
実に上手に舞ったのでした。






舞楽「賀皇恩」は、唐楽として現在も
曲は残っているが、舞は伝わっていない
のだとか。

王の恩沢に感謝する曲だといわれています。






左方の楽人たち


右方の楽人たち


右方の楽人の裏手で落蹲(らくそん)の練習をする舞人たち。






(写真右側をご覧くださいませ。)

そして庭の池では、
龍頭鷁首(りゅうとうげきす)の舟が浮かべられ
「迦陵頻(かりょうびん)」と「胡蝶(こちょう)」を舞うために
控えている童たちが乗っているのでした。




 船楽 龍頭と鷁首 へ続きます。









<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館 出張展... | トップ | 【京都・風俗博物館 出張展... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む