晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館 出張展示】 2005年9月撮影 女房の局(つぼね)

2015年06月08日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都文化博物館別館で行われた風俗博物館出張展示のこと。

「饗宴の準備をする女房たち」 に引き続き、
2005年9月に京都文化博物館別館で撮影した
風俗博物館の出張展示での様子です。

女房の局(つぼね)では
女房の日常生活の様子が展示されていました。



伏籠(ふせご)に装束をかけて香を焚き染めている女房。

解説より
 “大きな籠を伏せ、その上に衣裳を掛けて、中に火取を仕組み、
 香を焚きしめる工夫は、王朝時代の人々にとっては日常的な習慣だった。
 直接男女が顔をあわすことが少なかった時代に、みずからの所作のあとに
 どのように香りを残すか、それぞれの人が心くばりしていた。





囲碁に興じる女房たち。



隣りの局からひょこっと顔を出した女童。



双六に興じる女童と女房。
女童は細長姿、女房は袿姿です。






偏つぎに興じる女房と女童。
女房は袿姿、女童は平常の汗衫(かざみ)姿です。

解説より。
 “偏つぎは、主として女性や幼少の者たちが、漢字の知識を競い合った遊戯。
 感じの旁(つくり)に偏(へん)を付けて文字を完成させる、ある旁に
 偏を付けて訓みを答えさせる、あるいは、詩文の中にある一字の旁だけを
 見せて偏を当てさせる遊びともいい、いろいろの説がある。






外には水干姿の少年がいました。






 童舞「賀皇恩」へ続きます。









<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館 出張展... | トップ | 【京都・風俗博物館 出張展... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む