晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【祝・源氏物語千年紀】碾茶入り宇治茶「生粋」ペットボトル

2008年05月27日 21時47分21秒 | 日記
2008年5月の京都旅行中に
【祝・源氏物語千年紀】碾茶入り宇治茶「生粋」ペットボトル(500ml)
を購入しました。

定価:150円(税込み)
販売:京都府茶協同組合<宇治市>
期間:2009年3月ごろまで販売予定





ボトル表面に『源氏物語』宇治十帖の一つ「橋姫」の場面が印刷されています。

この絵は宇治市源氏物語ミュージアム所蔵の「源氏絵鑑帖」(江戸時代中期、伝・土佐光則筆)の“橋姫”を採用しているそうです。




↑宇治に住む八の宮<父は桐壺帝。光源氏の異母弟。>の娘たち
大君(おおいぎみ)と中の君(なかのきみ)です。




↑大君と中の君姉妹を垣間見る薫(かおる)。
薫は、世間的には光源氏と正妻・女三の宮との息子だと思われています。
しかし実は、女三宮が柏木(かしわぎ)という貴族青年と密通して産まれた子なのです。


『源氏物語』の終盤、<橋姫>から<夢浮橋>までの十帖は宇治が主な舞台なので、「宇治十帖」と呼ばれています。



≪当サイト内の“橋姫”紹介ページ≫
『源氏物語』宇治十帖古蹟を巡る第四十五帖 橋姫





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつらの姫達の宴3(2008年2... | トップ | 「紫式部・源氏物語 ゆかり... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事