晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2010年9月撮影 平安四季絵巻 文月・七夕 1

2016年04月05日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

法華八講~貴族女性最大の娯楽・法会聴聞~『枕草子』「小白河といふ所は」よりに引き続き、
2010年9月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

東の対 南廂・東廂において
『源氏物語』<幻>より
「平安四季絵巻~裁縫上達祈願、文月・七夕~ 」
の場面が展示されていました。

ふたつの記事に分けてご紹介します。






<博物館レジュメより>
『源氏物語』の中では「幻」の巻で亡くなった紫の上を偲び、七夕の夜に源氏が和歌を読む場面がある。この場面では、紫の上亡き後に迎えた7月7日が、例年と変わったことが多く、管絃の遊びなどもなく、七夕の二星(にせい)の逢瀬(おうせ)をながめることもしないと記されている。この一節をもとに、二星会合と乞巧奠(きっこうてん)を主とした七夕の夜を紫の上生前の姿として具現化した。



在りし日の紫の上、明石の姫君、源氏



紫の上


明石の姫君


源氏


梶の葉に和歌を書いて織女星を祭ります。



角盥・・・星を映して眺めます。



 牽牛星と織女星への供え物












芒に糸をかけて裁縫の上達を祈る女童



索餅(さくべい)を運ぶ女房


左:索餅(さくべい)=七夕に食べる厄除けの食べ物
右:氷室に所蔵していた削氷(けずりひ)に甘葛(あまずら)をかけています。







 平安四季絵巻~裁縫上達祈願、文月・七夕~ その2 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館】 20... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

京都・風俗博物館」カテゴリの最新記事