晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【滋賀県歴史探訪】 北村季吟句碑

2012年07月07日 18時00分00秒 | 滋賀県歴史探訪ブロガー
平宗盛・清宗胴塚<平家終焉の地>の続き。


きたむらきぎん くひ
北村季吟句碑


所在地:滋賀県野洲市北



江戸時代の俳人・歌人・古典研究者。
また松尾芭蕉の師匠として知られる
北村季吟の句碑が北村にあります。

『源氏物語』ファンの間では
注釈書『源氏物語 湖月抄(こげつしょう)』の著者といえば
ご存知の方も多いと思います。

北村季吟は野洲出身。




↑クリックで拡大



 祗王井に とけてや民も やすごおり


意味:(説明板より)
「妓王のおかげで掘られたさらさらと流れる祗王井川を
 枯水に悩んだ野洲の民が田用水として使い
 心安らかに暮らすことができるであろう」



ふるさと野洲の人々の幸せを願って詠んだ句だそうです。



永原御殿門へ続く


 <滋賀県歴史探訪記 INDEXに戻る




blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【滋賀県歴史探訪】 平宗盛... | トップ | 【滋賀県歴史探訪】 永原御殿門 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む