晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2009年4月撮影 男踏歌(おとことうか) その1

2015年08月06日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

2009年4月に
風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

寝殿において
『源氏物語』<初音>より
「男踏歌(おとことうか)」の場面が展示されていました。





<博物館レジュメより>
源氏36歳(太政大臣)の旧暦1月14日、昨年の8月に二條院より新しく完成した六條院への移徙(わたまし/引越し)を終え、初めての新春を迎えた春の御殿(おとど)において男踏歌(おとことうか)の接待があった。



寝殿の南庭には男踏歌の公達が訪れています。
麹塵(きくじん)色の袍(ほう)に下襲(したがさね)を取り合わせ、
綿の挿頭(かざし)を冠に挿した
姿です。

寝殿から源氏・玉鬘・明石の姫君・紫の上が
男踏歌の様子を見物しているのでした。
(次回の記事でご紹介します。)


和琴と笏拍子


篳篥


高麗笛


高巾子(こうこじ)
ふりつづみを手にしています。



白杖を手にした夕霧と柏木。

写真右側:夕霧
写真左側:柏木




 男踏歌(おとことうか) その2 へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【情報】 「家庭画報」9月... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む