晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2002年8月撮影 女房の日常~髪の手入れ~

2014年09月02日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

「かさねの色目と打出」に引き続き、
2002年8月に風俗博物館で撮影した様子です。

髪の手入れをする女房たちの様子が
展示されていました。


 角盥(つのだらい)で髪を洗う女房。




髪が長いので大変そうですね。




 「ゆする」で髪を梳きます。




「ゆする」とは、
米のとぎ汁や強飯を蒸したあとに出る汁のこと。

髪を洗ったり梳いたりするときに
用いられました。

髪にはこまめに櫛をいれて
ほこりなどをとっていたようです。




「ゆする」を入れる容器が
「ゆする杯(つき)」です。



 女房の日常。


文(ふみ)を受け取る女房。


囲碁を楽しむ女房たち。




 実物大展示室へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【情報】 兵庫県伊丹市 名... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む