晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

梅香る太宰府日記1<2/13(水)>

2008年02月15日 22時59分00秒 | 太宰府
粉雪が舞う中、2月13日(水)に太宰府へ行ってきました。
我が家や福岡の天神周辺、太宰府では雪が積もっていなかったのですが、北九州市の一部では雪で交通が混乱していました。

自宅最寄の高速バスのバス停で傘をさしてバスが来るのを待っていたら、天井に雪をたくさん積んだ高速バスがやってきました。

天神バスセンターに到着する頃には、バスの運転手さんが
「天神線(福岡~北九州間)のバスがただいま、運休になりました。お帰りの際はお気をつけください」
とアナウンス。

天神は雪が降っていないのですか・・・。
北九州では大変なことになっている模様。
一抹の不安を抱えながら、西鉄・福岡(天神)駅へ移動。

(雪景色の太宰府の写真を期待された方、いらっしゃいましたらごめんなさい。



西鉄 福岡(天神)駅の構内に展示されている天神さま人形。



観梅は西鉄電車で太宰府へ
と看板に書かれています。

看板上部にぶらさがっているのは、瓢箪(ひょうたん)です。
太宰府天満宮にある神苑の梅の木の下で酒を飲み交わすと厄をまぬがれるという信仰があります。
詳しくは、太宰府天満宮公式サイトこちらのページをどうぞ。





天神さま 人形。
この時期、毎年、西鉄電車 福岡(天神)駅の構内で見ることができます。


西鉄電車に乗って、太宰府駅へ向かいます。

太宰府では、小雪が降っていました。





太宰府天満宮の参道では、いつも立ち寄る「ほりごめ」さんに行きました。



こちらでは、太宰府限定キティをはじめ、九州・山口各地のキティやカトちゃん・キューピー・ドラえもんグッズが購入できます♪

私は、太宰府限定キティのメモパットと根付を購入。
ふたつとも、「ほりごめ」さん限定で売られている商品です。

 




参道の梅ゲ餅(うめがえもち)屋さん「かさの家」さんの前には、平重衡(たいらのしげひら=清盛の息子のひとり)が太宰府落ちの際に詠んだ歌の碑があります。





すみなれし ふるき都の 恋しさは
  神もむかしに 思ひ知るらん


『平家物語』巻第八 名虎 より

平家のみなさんも太宰府天満宮(当時は安楽寺という名前でした)に参拝しています。
当サイト内、こちらのページでご紹介しています。




梅香る太宰府日記2へ続く。




HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都・紫の心 in仁和寺 17 | トップ | 梅香る太宰府日記2<2/13(水)> »
最近の画像もっと見る

あわせて読む