晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女三の宮六條院降嫁 2

2015年06月23日 06時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女三の宮六條院降嫁 その1 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。


女三の宮が乗っていた唐車(からぐるま)と
女三の宮に仕える女童たちが乗っている網代車(あじろくるま)。


網代車。


後ろから見た網代車。






牛飼童たち。



網代車の牛車から降りる女童。
正装汗衫(かざみ)姿です。

※肝心の網代車の写真を撮るのを忘れてしまいました。


博物館レジュメより
 “~網代車とは~
 貴族の牛車で、その箱の表面を竹(殿上人用)または
 檜(公卿用)の薄板で網代に組んで包んだことによる
 名称である。
 表面は彩色が施され、青地に黄で文様を配した。
 八葉(はちよう)の文(もん)を散らした
 八葉の車や袖格子(そでごうし)だけを白く彩色した
 袖白(そでしろ)の車などがある。
 網代車の御簾は青簾で、縹色の糸で編み、縁は藍色の
 皮製に遠文(とうもん)とされた。
 下簾(したすだれ)は青裾濃(あおすそご)である。






女三の宮六條院降嫁 その3 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む