晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2005年3月撮影 紫の君の髪削ぎ

2015年06月02日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

「女房の日常~伏籠の用意・夜の衣返し~」 に引き続き、
2005年3月に風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

寝殿・北廂では
『源氏物語』<葵>より
「紫の君の髪削ぎ(かみそぎ)~賀茂祭りの物見~」
展示されていました。


舞台は、二條院西の対に見立てられています。

源氏22歳(近衛右大将)の4月の中の酉(とり)の日。

源氏はニ條院の西の対に住まう紫の君(14歳)のもとを訪ねました。
源氏と紫の君は賀茂祭<かもまつり=現在の葵祭>の
“路頭(ろとう)の儀”を見物に行く約束をしていたのでした。

“路頭の儀”とは、勅使一行と斎院が賀茂社に向かう行列の儀式です。




博物館レジュメより。
 “常にも増して美しく見える紫の君の髪に目をとめ、
 かき撫でた源氏は暦(こよみ)の博士を呼び、
 日や時刻のよしあしを調べさせて髪削ぎ(かみそぎ)を
 行うことにしました。




暦の博士。

髪削ぎを行うのにふさわしい日や時刻を調べます。





髪削ぎを行う源氏。
冠直衣(かんむりのし)指貫(さしぬき)姿。

紫の君の豊かな黒髪を切り揃えることに苦労しながら
「千尋(ちひろ)」という祝い言葉を口ずさみ、
紫の君の髪の豊かさに末永い願いを祈って和歌を詠
みました。




削いだ髪の受け箱を持った女房



髪を削がれる紫の君。
碁盤の上に座っています。




衣架(いか)に掛けられた細長(ほそなが)。
床には袿も。






紫の君に仕える女童たち。

正装の汗衫(かざみ)姿です。
闕腋袍(けってきのほう)・衵(あこめ)・表袴(うえのはかま)
・濃長袴(こきながはかま)・濃小袖(こきこそで)からなります。






 「公家姫君婚儀の装い」へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む