晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館 出張展示】 2006年4月撮影 女三の宮の出産

2015年07月02日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 下鴨神社研修道場で行われた風俗博物館出張展示のこと。

柏木の垣間見 に引き続き、
2006年4月に下鴨神社研修道場で撮影した
風俗博物館の出張展示での様子です。


寝殿 西廂では
『源氏物語』<柏木>より
「女三の宮の出産」が展示されていました。

<解説より>
 “源氏48歳(准太上天皇)の年明けに、
 正妻である女三の宮(22歳)は
 柏木との間にできた不義の子・薫を出産する。




出産の際、日常の室礼(しつらい)とは別に、
白一色の調度が置かれた産室が作られました。



高僧が集められ悪鬼退散と安産祈願の
御修法(みずほう)が行われます。



憑坐(よりまし)の女童に悪霊が乗り移り、
もがき苦しんでいます。



供の僧たちは、物の怪を追い払うために、
撒米(うちまき=米を撒き散らすこと)をしています。



御帳台(みちょうだい)の中にいる女三の宮。

 “女三の宮は、夜一晩苦しみ明かし、
 陽のさしかかる頃に、運命の子である薫が
 誕生するのである。




誕生したばかりの薫を抱く源氏。

写真右側:「犀角(さいかく)」を捧げる女房。
写真左側:「御剣(みはかし)」を捧げる女房。


写真右側:「虎(とら)の頭(かしら)」を捧げる女房。
写真左側:吉方にある川や井戸の水を用いた湯を用意した女房。


 “御湯殿(おゆどの)の儀

 誕生して七日間、朝夕二回、吉方にある川や井戸の水を使って
 湯がつかわされた儀式があり、このお湯には魔除けの犀角・
 虎の頭・御剣などの力を宿して、子どもの無事成長を祈って
 湯がつかさわれ、実際の産湯とは異なる儀式的なものが行われた。
 儀式の進行は日時や時刻の吉凶を占った後に文読博士によって
 行われた。


 

庭上では、鳴弦(魔除けのために弓の弦を弾き鳴らす作法)を行っています。



文読博士(ふみよむはかせ)が漢籍に書かれた
おめでたい一節を読み上げています。




女房の局 へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館 出張展... | トップ | 【京都・風俗博物館 出張展... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む