晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年10月撮影 追儺~紫の君の雛あそび~

2015年07月05日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

桐壺帝の朱雀院行幸~源氏の君と頭中将による青海波~ に引き続き、
2006年10月に風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

東の対では
『源氏物語』<紅葉賀>より
「追儺(ついな)~紫の君の雛(ひいな)あそび~」
場面が展示されていました。


舞台は、六條院春の御殿東の対を
二條院西の対と見立てられています。




<博物館レジュメより>
 “源氏18歳の12月の晦日、源氏の住まう二條院の
 西の対に迎えられていた紫の君(10歳)は無邪気に
 雛あそびに興じていた。


紫の君は小袿姿です。




 “紫の君は、高さ三尺(約90㎝)の一対の御厨子の上に
 色々な道具を並び立て、源氏にいくつも作ってもらった
 小さな雛遊びの御殿を辺りいっぱいに広げて、回りに仕える
 女童たちと無邪気に雛あそびに興じている。




雛道具。



犬君(いぬき)=紫の君に仕える女童。
追儺(ついな)の方相氏(ほうそうし)を真似て
紫の君を驚かせようと様子をうかがっています。





 六月祓~現代に引き継がれる平安時代の年中行事~「年中行事絵巻」より へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む