晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

太宰府天満宮参拝(2009年2月16日) その1

2009年02月19日 18時21分12秒 | 太宰府
2009年2月16日(月)、太宰府天満宮へ行きました。
あいにくの曇り空。
風が強く、寒かったです。


西鉄電車「天神」駅ではこの時期になると“天神さま”人形が設置されます。



ラブリー。

電車にのって「太宰府」駅へ。
ちょうどお昼過ぎだったので、参道のお店でおうどんを食べました。
コーヒーセットもオーダーして、ホットコーヒーと梅ヶ枝餅(うめがえもち)のセットもいただきました。



お餅とコーヒーは相性抜群




焼きたての梅ヶ枝餅は、はしっこがパリッとしていて美味しいです。

今回いただいたお店は、みどりやさん。
餡子は手作りだそうで、とっても美味しかったですー。
自宅へのお土産用もこちらで買わせていただきました。

餡子づくりが得意な母も美味しいと絶賛!!

梅が枝餅通販ショップ。みどりや。太宰府天満宮参道


=====太宰府観光協会の冊子より=====

 太宰府名物 梅ヶ枝餅

もち米とうるち米で作った生地に小豆あんを包み、こんがりと焼き上げたものです。
浄妙尼という老女が不遇の日々を送っていた道真公を哀れみ、餅に梅の枝を添えて送ったのが由来といわれています。

=======================


参道や神苑には、梅ヶ枝餅を販売しているお店がたくさんあります。
地元の人にはそれぞれお気に入りの贔屓のお店があったりします。

梅ヶ枝餅1個 105円(各店共通)



鳥居をくぐると、ご神牛が鎮座しています。



とにかく彼(彼女?)は人気者で、触られては写真を撮られることの繰り返し。
なかなか一匹になってくれず、写真を撮るのが大変でした。



ご神牛の右側に歌碑と説明板があります。



写真ではわかりにくいですが、歌碑のまわりの白梅も花を咲かせています。





 東風吹かば におひおこせよ 梅の花
   あるじなしとて 春な忘れそ




説明板


 当サイト内、『東風吹かば・・・』飛梅伝説を追え!もご覧下さい。


その2に続く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【情報】まつらの姫達の宴 ご案... | トップ | 太宰府天満宮参拝(2009年2... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む