晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館 出張展示】 2004年2月撮影 『源氏物語』<玉鬘>より歳暮の衣配りの衣裳

2014年12月02日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市上京区で行われた風俗博物館の出張展示のこと。

『紫式部日記』より「一条帝による土御門第行幸」その3 に引き続き、
2004年2月に岩神座ホールで撮影した
風俗博物館の出張展示の様子です。


寝殿西廂にて、
『源氏物語』<玉鬘>より
「歳暮の衣配りの衣裳をまとった登場人物紹介」
展示されていました。






源氏35歳の年の暮れ、
その年の秋に落成した六條院において
それぞれの御殿に住まわせている女君たちにふさわしい
正月用の装束を紫の上とともにととのえる場面があります。

源氏自らが女君たちの年齢や容貌・性格に
ふさわしい装束をととのえたものを
今回は一堂に見学することができました。








では、女君を一人ずつ見ていきましょう。



 花散里


袿(うちき)姿。

 “浅縹の海賦の織物、織りざまなまめきたれど
  にほひやかならぬに、いと濃き掻練具して夏の御方に・・・




 紫の上


小袿(こうちき)姿。

 “紅梅のいと紋浮きたる葡萄染めの御小袿、
  今様(いまよう)色のいとすぐれたるとはかの御料・・・





 明石の姫君


細長(ほそなが)姿。

 “桜の細長に、艶やかなる掻練とり添えては姫君の御料なり・・・





 明石の御方


小袿姿。

 “梅の折枝、蝶、鳥、飛びちかひ、唐めいたる白き小袿に
  濃きが艶やかなる重ねて・・・





 末摘花


袿姿。

 “柳の織物の、よしある唐草を乱れ織れるも、いとなまめきたれば・・・





 玉鬘


細長姿

 “曇りなく赤きに、山吹の花の細長は・・・




 空蝉


袿姿。

 “青鈍の織物、いと心ばせあるを見つけたまひて、
  御料にある梔子の御衣、聴色(ゆるしいろ)なる添へたまひて・・・









明石の姫君を中心に
明石の御方と紫の上が向き合うような
展示の様子が微笑ましかったです。






 『源氏物語』<若菜上>より「明石の姫君の出産」へ続きます。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館 出張展... | トップ | 【日常】京都・宇治へ行って... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む