晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2005年3月撮影 三日夜の餅の儀

2015年06月01日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

「許諾の宴~夕霧と雲居雁の結婚~」その2 に引き続き、
2005年3月に風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

東の対・東廂では
『源氏物語』<藤裏葉>より
「三日夜(みかよ)の餅の儀」が展示されていました。

舞台は、内大臣邸の雲居の雁の部屋に見立てられています。


直衣姿の男君が夕霧。
小袿姿の女君が雲居の雁です。

夜になると、婿である夕霧は
妻となる雲居雁の部屋に案内されました。



夕霧の沓を運ぶ女房。

階(きざはし)に脱がれた夕霧の沓(くつ)は、
雲井雁の両親に届けられ、両親はこの沓を抱いて寝ます。




夕霧。

夕霧〔婿〕が妻となる雲居雁の家に通い、
3日経った後、「露顕(ところあらわし)」という
儀式を行い、公に夫婦と認められます。



御帳台(みちょうだい)
夕霧と雲居雁の寝室となります。



写真中央にいるのが雲居雁。



御帳台(みちょうだい)に入る
夕霧〔婿〕と雲居雁〔妻〕にかける衾(ふすま)を用意する女房たち。

衾(ふすま)=掛け布団…この時代には正方形と直垂(ひたたれ)型のふたつの形がありました。

この場面ではは正方形の衾が展示されていました。




灯台と女房
 
灯台や燈籠の火は、婚儀が成立するまでの三日間、
邪気をはらう為に絶やさず灯し続けられました。



三日夜の餅を用意する女房たち。






三日夜の餅。





全体の様子。






「後朝の文(きぬぎぬのふみ)」へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む