晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2002年2月撮影 平安時代の遊び・貴族の生活

2014年08月17日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

局~女房の生活~に引き続き、
2002年2月に風俗博物館で撮影した様子です。

東の対では
平安時代の遊び・貴族の生活について
展示されていました。



伏籠(ふせご)
大きな籠を伏せ、その上に衣裳をかけて
中に火取り香炉を仕組み香を焚きしめるもの。



桜の枝を飾る女房。



練香(ねりこう)をつくっている女房たち。



双六(すごろく)に興じる女房たち。



偏つぎに興じる女房たち。




 母屋には源氏と紫の上と明石の姫君の姿がありました。


奥のほう(母屋)をご覧ください。


源氏と紫の上、明石の姫君の姿があります。


筝の琴(そうのこと)を奏でる明石の姫君




※東の対では
小弓の様子も展示されていましたが
記事を分けてご紹介します。



 小弓(こゆみ)へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館】 20... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

京都・風俗博物館」カテゴリの最新記事