晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2005年3月撮影 女房の日常

2015年06月02日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

「後朝の文(きぬきぬのふみ)」に引き続き、
2005年3月に風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

局(つぼね)では
「女房の日常~伏籠の用意・夜の衣返し~」
展示されていました。





 伏籠(ふせご)を用意する女房





博物館レジュメより。
 “伏籠とは、竹製の籠で、中に火取香炉(ひとりこうろ)をいれ、
 籠に伏せた上に装束を掛け、香(こう)を薫きしめて香りを
 装束にしみ込ませる道具である。





 夜の衣反(ころもがえ)し





博物館レジュメより。
 “夜に着て寝る衣を裏返して寝ると、恋しいひとの夢を
 必ずみることができるという俗信。
 『源氏物語』「玉鬘」に見られる。
 この風習は、『万葉集』などにも多く詠まれている。



この女房はどんな殿方を思って寝ているのでしょうね。





 「紫の君の髪削ぎ~賀茂祭の物見~」へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む