晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2003年8月撮影 月見の宴 その1

2014年09月27日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

「明石の姫君の袴着」に引き続き、2003年8月に
風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

東の対東廂と北廂では、『源氏物語』<鈴虫一>より
「月見の宴~国宝源氏物語絵巻より再現~」が展示されていました。

国宝「源氏物語絵巻」<鈴虫一>の画像と合わせて
ご覧になるとより楽しめることと思います。

 ※国宝「源氏物語絵巻」<鈴虫一>を所蔵されている五島美術館 公式サイト
 ⇒ http://www.gotoh-museum.or.jp/


≪注意≫
かつて、国宝「源氏物語絵巻」<鈴虫一>で
庭を眺めている女性(柱と御簾で身体が隠れている)は
細長を着た女三の宮ではないかという説がありました。

しかし近年、研究が進み、
この女性は裳をつけた女性であることがわかり、
女三の宮ではなく女房だと判断されました。

風俗博物館では2003年に
女房ではなく女三の宮としてこの場面を再現展示されました。

以上をご理解の上、お楽しみくださいませ。





国宝「源氏物語絵巻」<鈴虫一>に沿った構図です。



 細長姿の女三の宮






源氏50歳の八月十五夜(陰暦)に夕暮れ。
仏の御前に女三の宮がいらっしゃいます。

鈴虫が声を振りたてて鳴いている様子は
華やかでおもしろい趣です。



 閼伽を供える女房






若い尼たちが花を奉るということで鳴らす
閼伽杯(=仏に供える水の器)の音や
水を注ぐ音が聞こえています。





仏像。






 月見の宴 その2へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日常】 京都アスニー平安... | トップ | 【情報】 京都 府民ホール... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事