晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

近江神宮 ~祭神:天智天皇~

2010年10月21日 19時00分01秒 | 近江路・歴女ブロガー旅紀行
近江神宮

■住所:滋賀県大津市神宮町1-1
■交通:京阪「近江神宮前」駅下車
公式サイト⇒http://oumijingu.org/

近江神宮のご祭神は、「天智天皇(てんじてんのう)」
またの名を「天命開別大神(あめみことひらかすわけのおおかみ)」といいます。



1940年(昭和15年)に創祀され、今年、2010年11月に御鎮座70年をむかえられます。
神苑には、歌碑や句碑が多いので、興味がある方には魅力もさらに倍増だと思います。




朱塗りの楼門!



黒木の「外拝殿」。
楼門の華やかさとのギャップ萌え!(という言葉は不適切かな






「内拝殿」を参拝します。(-人-)
緑色のシートがかぶせられているところで、舞楽奉納があったりするのでしょうか♪



■漏刻(ろうこく=水時計)模型

(↓画像をクリックされますと、やや大きめのサイズでもご覧いただけます。↓)


飾りではなくて、本物の水時計です。
流れ落ちる水の量によって時間を計ります。
671年、天智天皇が近江大津宮において初めて「漏刻(ろうこく)」を設置し、時刻制度を開始したことにちなんで作られたそうです。

ちなみに、6月10日の「時の記念日」は、天智天皇が時刻制度を始めた日を太陽暦に換算して制定されました。



「漏刻」あたりから楼門を見た景色↑
手前には、2種類の日時計が並んであります。


「古代日時計」 ロレックス製


■時計館・宝物館



京阪電車の「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」の提示で、割引料金で入館できました。
いろいろな時計があって面白かったです。
宝物館は駆け足で見学してしまいました。次回(?)はゆっくり観覧したいです。


■天智天皇歌碑



神苑内にたくさんある歌碑の中からひとつだけ選ぶならば、この歌碑でしょう!
藤原定家によって撰ばれた『小倉百人一首』の第1首目の歌が天智天皇の歌であることは知られていますよね☆

“秋の田の 刈穂の庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ”

毎年、近江神宮では「競技かるた」のチャンピオンを決める“名人位・クイーン位決定戦”がお正月に開催されています。
今年はテレビでの放送を見ていました。



 おさらい。天智天皇とは

・即位する前は、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の名で知られる。
・中臣鎌足(のちの藤原鎌足)とともに蘇我入鹿を暗殺するクーデターを起こす。→乙巳の変(いっしのへん)。
・天皇中心の国家にするため「大化の改新」を行った。→大化は日本初の元号
・663年の「白村江の戦い」での大敗後、国の防衛のために水城(みずき)や烽火(のろし)・防人(さきもり)を設置。
・667年、大津京<近江大津宮・近江京>遷都。
・全国的な戸籍「庚午年籍(こうごねんじゃく)」を作成。

などなど、活躍されました。

※天智天皇の御陵は、京都市山科区にあります。






時計を見ると、ちょうど正午近く。
お昼ごはんタイムです♪



近江神宮神苑内にある「善庵」さんでお蕎麦をいただくことにしました。


善庵 宮そば(十割そば)へ続く!



近江路・歴女ブロガー旅紀行(ブログ「晴れのち平安」編) INDEXに戻る




web拍手を送る blogram投票ボタン


HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津京シンボル緑地 ~天智... | トップ | 弘文天皇陵 ~天智天皇の皇... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む