見沼たんぼ近くの街

見沼たんぼ近くの暮らし紹介!

続 貸家建設に過剰感

2017年01月30日 | 知って得する不動産情報

前回 日銀のさくらリポートで貸家建設の過剰感が報告された

ことを紹介しましたが 先日の新聞で内閣府のリポートにも同様

の警鐘がなされているとの記事がありました。

 

景気を良くするためには何でもありの日銀や政府が 「賃貸住宅

バブル」 の発生に警鐘を鳴らすのは注目すべきことです。

 

日銀のマイナス金利政策で建設費が調達しやすくなり 相続税の

増税後 節税対策として賃貸アパートなどを建設する個人が増加

しているそうです。

 

賃貸住宅は入居者がいて初めて事業として成り立ちます。

 

ある賃貸住宅市場動向リポートによると 現在の賃貸住宅建設が

今の状態で続くと 需要に対して供給過剰となり徐々に家賃相場

の下落が始まるとの見解でした。

 

又あるアンケート調査では賃貸オーナーの6割が 「将来は厳しい」

と判断しているそうです。

 

税率の変更で新たに相続税対策が必要になった方々が 業者の勧めで

不慣れな賃貸住宅経営に入ると長期間苦しむことになりそうです。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続 花カレンダー | トップ | 続 花カレンダー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。