見沼たんぼ近くの街

見沼たんぼ近くの暮らし紹介!

続 マンション大規模修繕工事

2017年04月29日 | 知って得する不動産情報

マンションは一般的に10~15年で大規模修繕工事が必要と言われています。

 

修繕周期に適切な修繕工事をしておくことがマンションの寿命を延命し 快適な

マンションライフを送るのに必要不可欠と住民誰しもわかっています。

 

総論では大規模修繕工事は賛成ですが 各論の誰が大規模修繕工事の内容を確認

して工事依頼をするかとなると簡単には事が運びません。

 

多くのマンションでは輪番制の理事長が割の合わない業務をこなしているようです。

 

輪番制となれば 築10~15年に該当する入居者は何とか自分が理事長就任時に

大規模修繕工事にならないように住民総会で牽制し合います。

 

2回目以上の大規模修繕工事が必要となるマンションでは 入居者の高齢化が進み

管理組合の役員になりたがらない入居者が出てきます。

ましてや理事長となればなおさらのことです。

 

この現状を鑑み 国土交通省が対策の切り札と期待するのが外部専門家の活用です。

昨年 管理規約のモデル 「標準管理規約」 を改正し マンション管理士や弁護士

らも管理組合役員になれると明記したそうです。

 

外部専門家の活用は管理組合との十分な信頼関係が前提でなかなか難しい問題です。

 

入居者の多い大型マンションでは考え方もいろいろ 話をまとめるには相当の努力

と時間がかかります。

 

「雇われ理事長」 の報酬も日頃の努力に見合わないことが予想されます。

 

マンションはこれからも増え続けますが 「快適なマンションライフ」 はなかなか

難しい世界となりそうです。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続 フルーツトマトに挑戦! | トップ | 残業代未払い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知って得する不動産情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。