こんにちは  お元気ですか(上郡町 そとかわピアノ教室)

上郡町の、小さなピアノ教室です。
ピアノを通して元気になれる教室を目指しています!

文化協会発表会

2014年07月27日 | その他
昨日(7月25日)は、上郡町文化協会発表会でした。

いつもなら11月に行われるこの行事、今年は会場の修理で9月から半年間使えなくなり、前倒しの行事となりました。

千種川の川祭りと重なって、そちらにも出演される方がいたりと、忙しい一日になりましたが、とりあえず練習の成果の発表という形では賑やかに、華やかにいつもの文化祭となりました。

我が児童合唱サークル、アレグロもお昼からの出演。

普段はゆるい練習ですが、ここ2、3週間はこの日のためにやや本気モードの練習をしてきました。

小さい子どもさんが多く、決して私の話すことが理解できないわけではないけれど集中力が・・・・。

あまりにケアレスミスが続くので、

「今度間違えた子は、先生からの素敵な罰ゲームをしてあげるよ〜・・イヒヒ」

の、一言でバッチリ解消。

え?罰ゲームって?ええ、そりゃもう、「素敵な」罰ゲーム(((o(*゚▽゚*)o)))

当日集合、リハーサルも終わって、いい感じです。

「でもねー。舞台に上がったら、いまの倍ぐらいチカラ出してね。お客さんはとおーくまで座ってるからね〜」

さて、いよいよ本番です。

うむ。

みんなの本気モードがうかがえた。

そうなんだよなあ。

みんな、いい演奏したいっていう気持ちを持ってるんだよなあ。

この、気持ちをマックスに高めるための練習を、せなあかんな。

ビデオ見てないので、客観的にはどんな演奏したのかまだよくわからないのですが、お客さんからは「よかったよ」と、声をかけていただいたので、まあ、悪くはなかったと思います。

何より、ふだん注意深く歌えてない子がみんな、私の出す注意の指示を見て気をつけて歌ってたこと。

これ、なんか、嬉しくて終わったあと、私は満足でした。

さて、昨夜は床についてからも昼間歌った合唱の曲がエンドレスに頭の中で流れ、さらに寝苦しさも加わって、ほんっと、眠れなくて困った!

でも、ひとりひとりの顔が浮かんでは消え、それぞれの子に注意したことや、歌ってる顔がぐるぐるするのは悪くなかったです笑。

で、その、大修理で会場が秋に使えないので、来週はもうひとつのイベント、洋楽・器楽の発表会です。

もう、ほんと、この夏に一気にイベントが重なって、外川、張り切ってるよーーー(^_^;)




兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

今日は認定試験、そして

2014年07月25日 | レッスン室便り
ミュージックキー認定試験、無事終わりました。

ミュージックキーの教材を使ってレッスンをすすめている講師どうしの合同の試験曲の発表会。
違う教室の生徒さんの演奏も聴けて、生徒はもちろんだけど、私もいい刺激を受けました。
この会が重なっていけば、顔なじみのお友達もできるだろうし、大人になった時、どこかでまた出会うこともあるかもしれない。

そんなつながりが広がると楽しいなと思いながら、今日の試験発表会を終えたのでした。

子育て真っ最中の先生もおられて、発表会のあとは子供会の役でナイトプールへ直行だとか。

私は、この発表会の前に、あすの文化協会の発表会のリハーサルをしてきました。

また、この会に参加されなかった生徒さんのレッスンが夕方からある先生も。

そして、私もひと組レッスンを終えたところです。

生徒さんを参加はさせなかったけど、お手伝いに来てくださった先生も含めて5人で運営した今回の発表会。

一緒にしてくださる方がいるってことは心強いものです。

普段履きなれないパンプスを履いて出かけたせいで、足が少し疲れましたが、ぐったりというほどでもない。

ありがたいことです。

では、明日は上郡町生涯学習支援センターで児童合唱サークルALLEGRO(アレグロ)の文化協会発表会参加です。

出番は午後から。

がんばるぞー




生徒の発表が始まる前に、講師でちょっとしたアンサンブル。
1台のピアノに4人がひしめき合って弾いています。



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

充実してます!?

2014年07月24日 | レッスン室便り
まあ、これを充実しているというのかどうかとは自分でも苦笑しているのですが、
この秋に上郡町の生涯学習支援センターが修理に入り、いつも行っていた文化祭のステージがこの夏に前倒しになり、
町内の合同ピアノ発表会である、文化協会の「洋楽・器楽部門の発表会」、そして同じく文化協会ステージ発表の児童合唱サークルアレグロの練習が重なり、

さらにさらに

ミュージックキー認定試験もあすに控え、

なんか、毎日気ぜわしいです。

ブログ更新もままならぬ。

とりあえず、私は元気であります。

元気に産んでくれた親に感謝です。





兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

童謡コンサート

2014年07月10日 | コンサートなど
高田陽光保育園で童謡コンサートのあとは、テクノのプレ・スクールでも歌ってきました。

こちらはバルーンクラスといって、保育園の生活に慣れるための、お母さんといっしょに来ているお友達も一緒に聴いてくれました。

プレ・スクールの子達もとっても興味を持って聞いてくれました。

一生懸命聞きすぎて(!?)目はしっかりあいているのに、体が揺れだしたかと思うと、がくんと首が前や後ろに倒れてそのはずみで「はっ!」と、正気にもどるおちびちゃんもいたりして、歌いながら思わず笑ってしまいました。

バルーンクラスにはお母さんに混じっておばあちゃんもおられて、懐かしい歌に一緒に口ずさんでおられました。

園長先生もノリノリで、大きな声で一緒に歌ってくださいました。

そんな大人の姿を見て、子どもたちは何かを感じ取っていくのでしょうね。

最後に、質問コーナーで、伴奏の西川先生には「どうしてピアノが上手なんですか」と尋ねてきたのに対して、私には、

「どうして外川先生はダンスが上手なんですか」

ですって。

前回の「うさぎのダンス」の時のインパクトが強かったらしい・・・・。

今回も身振り手振りは健在でしたけどね。

私は、歌って踊れるピアノの先生なのだ!



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ


陽光保育園でのコンサートの様子。写真を送ってくださいました。











コメント (0) |  トラックバック (0) | 

勝負の夏!?

2014年07月09日 | レッスン室便り
今年は上郡町の生涯学習センターが秋から修理に入るため、いつも秋に行われていた文化協会の発表会が前倒しになり、認定試験やコンクールにチャレンジする子の本番や、合唱サークルアレグロの発表や何もかもが一度に迫ってきています。

まだまだ時間があると思っていたらもう目の前・・・!

それぞれの子の仕上がり具合でレッスンはそれなりに内容が充実しています。

あと○日しかない・・・・

と考えるか、

まだ○日ある

と、考えるか。


焦っちゃうけど、みんなの時間は平等に過ぎていきます。

その中でできることをさせるように、先生の力量が、試されるのだなあ。



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

高田陽光保育園で童謡コンサート

2014年06月28日 | コンサートなど
本来、ピアノのコンサート活動でお邪魔していた時に、私と同年代の先生から、
「日本の古くからある、いい歌が歌われなくなったのがもったいない」
というお話を聞き、それに同感だった私はつい、
「童謡コンサートをしましょう!」
と、言ってしまいました。

それから約2年。

今回の訪問が童謡コンサートとしては4回目となります。

梅雨の時期なので、題名は

「雨の季節のコンサート」。



私は特に声楽を専門に勉強したわけではないのですが、歌は大好き。

こんな歌声でいいのかなあと思うのですが、園の先生が上手におだててくださるので、ついその気になっていろんな日本の歌を探しては子どもたちに聞いてもらっています。

なかには難しい言葉の歌もあって、意味がわかりにくいだろうに、みんな一生懸命聞いています。

私がひとりひとりの園児の顔を覗き込んで歌ったり、身振り手振りで歌うのをキラキラした目で見つめ返してくれます。

きっと、難しくても言葉のリズムやメロディーで雰囲気が伝わるんだろうなと思います。そして、そういう歌が残っているんだろうとも思います。

意味がわからなくても、身を乗り出して聞いてくれる子ども達の姿に、私のほうが元気をもらっています。

来週はプレ・スクールにも行くよ。

歌でも、ピアノでも、子どもたちに会えるのが一番の楽しみです。









兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

きょうもプレゼント

2014年06月27日 | レッスン室便り
年長さんのMちゃんは以前にも折り紙で作った「ブローチ」を持ってきて私にプレゼントしてくれました。




きょうも部屋に入るなり、持っていたビニル袋をカサカサ言わせながら私に差し出してくれました。

きょうはペンダントなんだって。飛行機も作って持ってきてくれました。

そりゃあ、記念写真撮らなくちゃ。

はい、チーズ!





兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

夏の思い出

2014年06月26日 | その他
中田喜直さんが作曲、江間章子さん作詞の、「なつがく〜れば、おもいだす〜」という歌い出しの、有名な歌の、

「夏の思い出」。


あす、またまた高田陽光保育園に童謡を歌いに行くのに準備したプログラムの中の一曲です。

雨にちなんだ童謡をはじめ、夏の風物を題材にした曲をいくつか。

「夏の思い出」は一番最後にもってきました。

今日は伴奏の西川先生に来ていただいて、合わせて一通り歌ってみました。

そして、最後の「夏の思い出」を歌い終わったあと、思いがけず“じーーーん”としてしまいました。

中学生の頃、この歌に出会った時、なんて素敵な歌だろうと思いました。

最近は人様の伴奏をすることはあっても、なかなか自分で歌う機会がなかったもので、

あらためてあの頃を思い出しながらの「私だけ」のこの歌を歌ったものだから、感情が押し寄せてきたのでした。

私は、人に届ける音楽をめざして活動してきたつもりでしたが、思いがけなく、音楽は私自身をとりもどすためのものなんだと気づかされたひとときでした。

・・・・人生、いろいろあるけどさ、こういう時間があるから、幸せを感じることができるんだよね。

明日の童謡コンサートが楽しみです。

感謝、感謝。








兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

マーラー 「巨人」

2014年06月15日 | コンサートなど
いや〜


すごい


やっぱり、オーケストラは、ええなあ。





ブルーレイディスクを買ってからというもの、音楽関係(断然クラシックが多い)の番組を撮りためている。

当然、収録時間が長いので、「そのうち見よう(聴こう?)」と、ディスクばかりが溜まっていく。

今日はちょっと作業時間があったのでポータブルBDを脇に置き、適当なディスクをかけてBGMにしていた。

最初はモーツァルトのピアノ協奏曲なんかで軽快に気楽に聞いていたのだけれど、なんとそのあとに出てきたのは、マーラーの交響曲、「巨人」。

若い頃、この曲をテープに収めて車に積んでこの曲をBGMに運転したこともあったのだけど、ゆっくり交響曲なんかコンサートにでも行かない限り聴く機会もめったになくなってしまった。

それが、何年ぶりの「巨人」だろう!

冒頭の、彼方から聞こえてくるトランペットの、物語を予感させる響き。

弦楽器の若々しい、新芽が吹き出すようなメロディー。

ホルンの勇ましい雄叫び。



うおー。

終わった途端、年甲斐もなく吠えてしまった。



・・・・・・・っ、かっこええなぁぁぁぁ・・・・。



世の中には探せばいっぱい、いっぱい宝物がころがってる。

レッスンのことではちょっとへこんだりしてたのだけど、


元気もらうわあ。


またがんばろう、って思う。

マーラー先生、素敵な作品を残してくださって、ありがとうございます。






兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント (0) |  トラックバック (0) | 

手あそびうた・わらべうた

2014年06月11日 | その他
きょうは、社会福祉協議会での子育て支援事業で、「親子でふれあい・絵本、わらべうた」の活動をしてきました。

「この本だいすきの会・上郡支部」のメンバーとして、幼稚園、保育園、そして老人施設にも絵本を読んだり手遊びをしたりしていますが、今回は本当にゼロ歳児から就学前の小さな子ども連れのお母さんたちとのひとときでした。

社協でのこの活動も何回か回を重ねるごとにお母さんだけでなく、子どもたちも様子がわかってきたようで、最初は収拾がつかず手探りの状態だったのが、だんだんとお互いに何をするか、リズムがつかめてきて、今日なんか、本当にいい感じでした。

絵本を読む担当の人が読み聞かせ(「この本だいすきの会」ではこの活動を“読みがたり”と言っています)をすれば、さすがに小さい子は集中できないけれど、ある程度の年齢の子はちゃんと理解してお話の世界に入ってきます。

私は手あそび、わらべうたの担当。

今まで何回か遊んできた手遊びやわらべうたを歌うと、一緒に手を動かしたり、歌ってくれたり。

また、簡単なキーボードも持って行って童謡を弾き歌いすると静かに耳を傾けたり、手拍子でリズムをとって歌ったりと、とてもなごやかで生き生きとした時間を過ごせました。

・・・・などと。

手前味噌で、ドーモスミマセン。


でも、続けるって、こういう事なんだなあと、心地よい疲れを嬉しく思いながら、メンバーの方とお疲れさまランチを楽しくいただいたのでした。
コメント (0) |  トラックバック (0) |