こんにちは  お元気ですか(上郡町 そとかわピアノ教室)

上郡町の、小さなピアノ教室です。
ピアノを通して元気になれる教室を目指しています!

大人も、頑張ってます!

2014年09月11日 | レッスン室便り
上郡本町の「県民交流広場・菊森さんの家」で行っている、“大人のかんたんピアノ教室”も、今年で3年目になりました。

メンバーは、いわゆる高齢のかたたちですが、毎回元気なお顔を見せてくださっています。

少しずつ楽譜の見方や、指の動かし方のコツをつかんでこられました。
「やっぱり練習せなあかんなあ。わかっとんやけどなあ♪」
と、いつも笑い飛ばしておられます。

ご本人たちは、多分実感がないと思いますが、最初の頃からすると、ずいぶん反応がよくなり、自分の間違いをちゃんと直して弾いておられます。

高齢者の方が学ぶピアノは、第一に脳のトレーニングという捉え方でいいと思っています。
左右両手指を別々に動かすなんて、普段の生活にはないことですから。
その指先からご自分の知っている曲、懐かしい曲が聞こえてくるなんて、ずいぶんワクワクすることですよね。

しかも、一人ではなく、仲間とわいわい話をしながら励まし合ったり笑い合ったりする、そういう時間が持てるのがいいのだと思います。

楽譜の見方、読み方、練習の仕方、そして注意するところなどポイントをおさえたら、あとは練習だけです。練習すれば、必ず弾けます。
これは、お子さんも大人も同じ。そのペースはそれぞれですから、ある程度のポイントをおさえたら、次の曲に行きます。

次の曲に行く前に、弾けても弾けなくても、みなさんの前で発表して、労をねぎらいます。みなさん、一生懸命です。年上の方に失礼とは思いながら、なんて可愛らしい姿だろうと思うのです。





兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント

教室風景

2014年08月27日 | レッスン室便り
時々生徒ちゃんが持ってきてくれる、プレゼントの数々。

お互いに写しあいっこ。




こちらは、小学校2年生の作品。





こちらは、レッスンが終わってお迎えを待つ間。樽の積み木をうまく積み上げました。


コメント

童謡コンサート・学童にて

2014年08月26日 | コンサートなど
いつもいつも、せっかく小さなコンサートをあちこちで開いているのに、私ったらバタバタして写真なんか、お願いするのをつい、忘れてしまいます。

今回も、せっかく高田小学校の夏休みの学童保育の時間にお邪魔して、6月から歌っている雨や夏の風物をテーマにした童謡コンサートをやってきたのに、やっぱり写真を撮れなかった・・・・。

でも、今どきの小学生が、どのくらい私が歌う曲を知っているか知りたかったので、アンケートはとりました。ついでに感想もお願いしました。やっぱり、なにか残るものがあると嬉しい。次もまた、頑張ろうと思う。

で、こういうモチベーションの維持の仕方も、自分で工夫して取り込んでいかなくちゃいけないのね。

なかなか大変だけど、やってる感はじゅうぶんある。

次は、あさって28日の山野里小学校での学童保育での童謡コンサートです。いつも、協力してくださっている伴奏の西川先生に、感謝です!








もしかしたら、子どもたちより教室の先生方の方が楽しまれたと思います。こんなふうにわざわざ書いて渡してくださる気持ちが嬉しいですね。
コメント

教養を身につける

2014年08月07日 | 生き方
夏の行事もひと段落、先日大人のかんたんピアノに行ってきました。

70代の、女性のグループレッスン。

弾けても、弾けなくてもピアノを楽しんでくださる、ゆるいピアノ教室です。

始まる前のひととき、おしゃべりで近所の方とのコミュニケーションです。

ある方が、同窓会に行った時のことを話してくださいました。

当時の先生もご健在で、おんとし92歳!それが、生徒の皆さんより若々しいというのです。

そんな先生から聞いた話でなるほどなあと思ったことは、

「皆さん、歳をとればますます教養を身につけなきゃいけないよ」

と、先生がおっしゃるので、

「先生、私たちはいまさら教養なんてもう身につけることはできません」
と反論すると、

「きょうようといっても、今日の用だよ。」

「今日の用を見つける、ということだよ。何も用事がないからと座ってじっとしてちゃいかん。
  家の用事がないときは、私は公園に出かけて草引きをするんだ。
   年寄りは今日の用事を見つけることが大事なんだよ」

それを聞いたみなさんも、

「ほんまや、ほんまや」

「家にじっとおったらあかんな」

「私もなるべくでかけるようにしとんや」

と、口々に言い、うなづいておられました。

そして、私も。

この、92歳の先生のお言葉にももちろん、ここにお集まりの皆さんの元気のもとを確認させてもらって、嬉しい気持ちになりました。

わたしは、まあまだまだ今日の用事も明日の用事も、ずっと先の用事もあってちょっとひと息いれたい時もありますが、おかげさまで、元気に活動させていただいています。

目指せ、90歳代の現役!

大人の教室では、私のほうが勉強させてもらうことが多く、元気をいただきます。



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ










コメント

文化協会発表会

2014年07月27日 | その他
昨日(7月25日)は、上郡町文化協会発表会でした。

いつもなら11月に行われるこの行事、今年は会場の修理で9月から半年間使えなくなり、前倒しの行事となりました。

千種川の川祭りと重なって、そちらにも出演される方がいたりと、忙しい一日になりましたが、とりあえず練習の成果の発表という形では賑やかに、華やかにいつもの文化祭となりました。

我が児童合唱サークル、アレグロもお昼からの出演。

普段はゆるい練習ですが、ここ2、3週間はこの日のためにやや本気モードの練習をしてきました。

小さい子どもさんが多く、決して私の話すことが理解できないわけではないけれど集中力が・・・・。

あまりにケアレスミスが続くので、

「今度間違えた子は、先生からの素敵な罰ゲームをしてあげるよ〜・・イヒヒ」

の、一言でバッチリ解消。

え?罰ゲームって?ええ、そりゃもう、「素敵な」罰ゲーム(((o(*゚▽゚*)o)))

当日集合、リハーサルも終わって、いい感じです。

「でもねー。舞台に上がったら、いまの倍ぐらいチカラ出してね。お客さんはとおーくまで座ってるからね〜」

さて、いよいよ本番です。

うむ。

みんなの本気モードがうかがえた。

そうなんだよなあ。

みんな、いい演奏したいっていう気持ちを持ってるんだよなあ。

この、気持ちをマックスに高めるための練習を、せなあかんな。

ビデオ見てないので、客観的にはどんな演奏したのかまだよくわからないのですが、お客さんからは「よかったよ」と、声をかけていただいたので、まあ、悪くはなかったと思います。

何より、ふだん注意深く歌えてない子がみんな、私の出す注意の指示を見て気をつけて歌ってたこと。

これ、なんか、嬉しくて終わったあと、私は満足でした。

さて、昨夜は床についてからも昼間歌った合唱の曲がエンドレスに頭の中で流れ、さらに寝苦しさも加わって、ほんっと、眠れなくて困った!

でも、ひとりひとりの顔が浮かんでは消え、それぞれの子に注意したことや、歌ってる顔がぐるぐるするのは悪くなかったです笑。

で、その、大修理で会場が秋に使えないので、来週はもうひとつのイベント、洋楽・器楽の発表会です。

もう、ほんと、この夏に一気にイベントが重なって、外川、張り切ってるよーーー(^_^;)




兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント

今日は認定試験、そして

2014年07月25日 | レッスン室便り
ミュージックキー認定試験、無事終わりました。

ミュージックキーの教材を使ってレッスンをすすめている講師どうしの合同の試験曲の発表会。
違う教室の生徒さんの演奏も聴けて、生徒はもちろんだけど、私もいい刺激を受けました。
この会が重なっていけば、顔なじみのお友達もできるだろうし、大人になった時、どこかでまた出会うこともあるかもしれない。

そんなつながりが広がると楽しいなと思いながら、今日の試験発表会を終えたのでした。

子育て真っ最中の先生もおられて、発表会のあとは子供会の役でナイトプールへ直行だとか。

私は、この発表会の前に、あすの文化協会の発表会のリハーサルをしてきました。

また、この会に参加されなかった生徒さんのレッスンが夕方からある先生も。

そして、私もひと組レッスンを終えたところです。

生徒さんを参加はさせなかったけど、お手伝いに来てくださった先生も含めて5人で運営した今回の発表会。

一緒にしてくださる方がいるってことは心強いものです。

普段履きなれないパンプスを履いて出かけたせいで、足が少し疲れましたが、ぐったりというほどでもない。

ありがたいことです。

では、明日は上郡町生涯学習支援センターで児童合唱サークルALLEGRO(アレグロ)の文化協会発表会参加です。

出番は午後から。

がんばるぞー




生徒の発表が始まる前に、講師でちょっとしたアンサンブル。
1台のピアノに4人がひしめき合って弾いています。



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント

充実してます!?

2014年07月24日 | レッスン室便り
まあ、これを充実しているというのかどうかとは自分でも苦笑しているのですが、
この秋に上郡町の生涯学習支援センターが修理に入り、いつも行っていた文化祭のステージがこの夏に前倒しになり、
町内の合同ピアノ発表会である、文化協会の「洋楽・器楽部門の発表会」、そして同じく文化協会ステージ発表の児童合唱サークルアレグロの練習が重なり、

さらにさらに

ミュージックキー認定試験もあすに控え、

なんか、毎日気ぜわしいです。

ブログ更新もままならぬ。

とりあえず、私は元気であります。

元気に産んでくれた親に感謝です。





兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント

童謡コンサート

2014年07月10日 | コンサートなど
高田陽光保育園で童謡コンサートのあとは、テクノのプレ・スクールでも歌ってきました。

こちらはバルーンクラスといって、保育園の生活に慣れるための、お母さんといっしょに来ているお友達も一緒に聴いてくれました。

プレ・スクールの子達もとっても興味を持って聞いてくれました。

一生懸命聞きすぎて(!?)目はしっかりあいているのに、体が揺れだしたかと思うと、がくんと首が前や後ろに倒れてそのはずみで「はっ!」と、正気にもどるおちびちゃんもいたりして、歌いながら思わず笑ってしまいました。

バルーンクラスにはお母さんに混じっておばあちゃんもおられて、懐かしい歌に一緒に口ずさんでおられました。

園長先生もノリノリで、大きな声で一緒に歌ってくださいました。

そんな大人の姿を見て、子どもたちは何かを感じ取っていくのでしょうね。

最後に、質問コーナーで、伴奏の西川先生には「どうしてピアノが上手なんですか」と尋ねてきたのに対して、私には、

「どうして外川先生はダンスが上手なんですか」

ですって。

前回の「うさぎのダンス」の時のインパクトが強かったらしい・・・・。

今回も身振り手振りは健在でしたけどね。

私は、歌って踊れるピアノの先生なのだ!



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ


陽光保育園でのコンサートの様子。写真を送ってくださいました。











コメント

勝負の夏!?

2014年07月09日 | レッスン室便り
今年は上郡町の生涯学習センターが秋から修理に入るため、いつも秋に行われていた文化協会の発表会が前倒しになり、認定試験やコンクールにチャレンジする子の本番や、合唱サークルアレグロの発表や何もかもが一度に迫ってきています。

まだまだ時間があると思っていたらもう目の前・・・!

それぞれの子の仕上がり具合でレッスンはそれなりに内容が充実しています。

あと○日しかない・・・・

と考えるか、

まだ○日ある

と、考えるか。


焦っちゃうけど、みんなの時間は平等に過ぎていきます。

その中でできることをさせるように、先生の力量が、試されるのだなあ。



兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント

高田陽光保育園で童謡コンサート

2014年06月28日 | コンサートなど
本来、ピアノのコンサート活動でお邪魔していた時に、私と同年代の先生から、
「日本の古くからある、いい歌が歌われなくなったのがもったいない」
というお話を聞き、それに同感だった私はつい、
「童謡コンサートをしましょう!」
と、言ってしまいました。

それから約2年。

今回の訪問が童謡コンサートとしては4回目となります。

梅雨の時期なので、題名は

「雨の季節のコンサート」。



私は特に声楽を専門に勉強したわけではないのですが、歌は大好き。

こんな歌声でいいのかなあと思うのですが、園の先生が上手におだててくださるので、ついその気になっていろんな日本の歌を探しては子どもたちに聞いてもらっています。

なかには難しい言葉の歌もあって、意味がわかりにくいだろうに、みんな一生懸命聞いています。

私がひとりひとりの園児の顔を覗き込んで歌ったり、身振り手振りで歌うのをキラキラした目で見つめ返してくれます。

きっと、難しくても言葉のリズムやメロディーで雰囲気が伝わるんだろうなと思います。そして、そういう歌が残っているんだろうとも思います。

意味がわからなくても、身を乗り出して聞いてくれる子ども達の姿に、私のほうが元気をもらっています。

来週はプレ・スクールにも行くよ。

歌でも、ピアノでも、子どもたちに会えるのが一番の楽しみです。









兵庫県赤穂郡上郡町の「外川ピアノ教室」ホームページ








コメント