日常 色々

日常のいろいろのこと。
通販など。

amazon のこと・追記(かつて販売をしていた人向け?)

2017-06-13 15:23:03 | 日記
「続きを書きます」みたいなことを書いておいて
気が付いたら2か月経過

月日の流れは恐ろしいものです

この2か月間、
子供が事故にあって救急車で運ばれたり、
謎の巨大できものができてお腹を切ることになったり、
なぜか急にできものが縮んで
医者「放っておいてもいい気がするんで、様子見しましょう」
私「そですか」
…という流れで中止になったり(消えた訳ではないです)
いろいろありました。
(以上、言い訳終わり)

かつて、私はAmazonで古本を売ったことがあります。

作る経費や需要を考えたら仕方がないのですが
特にマイナーな分野でなくても
いわゆる専門書というのはお高いものです。

学校でとある分野の勉強をしていたのですが、
学校を止めることになったとき

「勿体ないから、売ろう」
と考えるに至った訳です。

そして、Amazonで適当なアカウント名を作り
確か半年くらいかけて売り払いました。

それからずいぶん(10年近く)時間が経ちました。
そうして、今回(といっても2か月前ですが)の
「Amazon詐欺」騒ぎ。

ここで思い出すのは、かつて自分が作ったアカウント。

「ひょっとして、詐欺に使われてたりしt」

慌ててみたものの、当時のアカウント名から何から
さっぱり忘れていました。


考えた末、アマゾンのカスタマーに連絡したのですが
かつてのアカウントの状態については

「アカウントを自分から閉鎖していなければ」
1)アマゾンのアカウント名が分かれば、確実に確認可能
2)アマゾンの登録に使ったメアドがわかれば確認可能
3)アマゾンの登録に使った電話番号がわかれば
 確認できるかもしれない
4)登録の氏名がわかれば、わかるかもしれない

とのこと。

自分の場合は
1)…全く覚えていません
2)メアド→うろ覚え
3)電話番号→「たぶん」という番号だったので確認できず
(2・3回携帯会社を変えていたので)
4)同姓同名が数百人単位でいるらしい。

とのことで、確認できませんでした。

「状況からみて、ご自分で閉鎖されてるようなんですが」と言われても
焦る私に、電話のお兄さんは
「大丈夫ですよ、一定期間使われていないアカウントは
 アマゾン側で閉鎖しますから


え!?

よく聞くと、4年程度使われていないアカウントについては
アマゾンで閉鎖してしまうそうなのです


おまけに、明らかに乗っ取りとわかる状態であれば
アカウント開設者に、損害賠償の義務はないようです



・・・とはいえ、乗っ取られてしまっていた場合、
確認に時間や手間がかかる場合もあるでしょうし、
(下手したら警察沙汰とかも)
人様にご迷惑をかけてしまう可能性はあるので

これを見ている人の中で、

「販売アカウントを持っていて、今は使っていない」
という人がいらっしゃったら、早急に閉鎖してしまった方が
確実だと思われます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾンについて、詳しい人... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。