J.P.フィールド 暇人日記

日々是暇日 Art & PC = kakiArt Dialy Pic up Blog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

病気っぽい

2005-05-15 04:32:51 | 暇人日記
 また風邪を引いてしまった。ビッダーズから来る「いろいろもらえる通信」担当のメールにゴールデンウイーク直前に風邪を引いてしまった、などと書いてあってこの人何をしているのやらと思ったら、自分も引いてしまっていました。今年3度目で異常に多すぎですねこれ。まず人混みの場所へ行ったりすると大抵もらってくるといった按配だ。
 さっさと寝ればよいものを、「私家版精神医学用語辞典」を読んでいると今頃までになってしまって、さらにこんなものを書いているのだからこれこそ病気っぽいんじゃ…。
 しかしこの用語解説を読んでいくと皆さん身近にご存じの、あんな人やこんな人がぞくぞくと登場して、私も出てくるのは防ぎようもないもようです。

 ==========================================================

 風邪のせいだか何だかしらんが、すべてが面倒くさい。
 この段落を書いているのは実は夜11時であって、上の文章は朝の4時頃だった。同日で二日過ごしたような気分でお馬鹿なことをつらつら書いていると、本当にお馬鹿な生活やさんだよね。こんなブログを読む人はいないと思うよ確かに。
 世界の片隅では飢えた子供達が…とか? テレビがそういう報道をしなければ知らずに済んだことをわざわざ。とか? とりあえず食事が出来るというだけで感謝しろって? それはそれで一理あるし誰も否定はしない。しかしヒューマニズムというのはそういうことではないだろう。こちらにはこちらの、のっぴきならない複雑怪奇な「社会問題」があるのだよ、自国の現今の問題をはぐらかすなよ。とか?

 ところでこの風邪、妙にハイスピードな症状で、強烈に鼻水、くしゃみ、熱を放出して、その後8時間ほどぐっすりと眠り込んで目覚めると何と、快方に向かっていた。さっそく出かけてしまったが、鬱陶しい気分は相変わらずですな。

 目覚めかけた頃、近所の失業中の50過ぎのおっさんがお隣のこれまたいかず後家のおばさんとが玄関先の路上で立ち話をているのが聞こえてきた。「いや、もう何にも出来まへんわ」とかなんとか、「ずっと家に居てもうっとうしいしなぁー」とおっさん。「ほんとねぇ…」とか何とか。大きな声で驚いた。一時、そのおっさんは駅前で路上のゴミ箱掃除の仕事をしていたのを見かけたが、ほどなく辞めてしまった。でも偉いよね、そんな風にご近所の顔見知りに必ず出くわす田舎街で身をさらすことが出来たら、たぶん鬱陶しい気分も少しは発散されるのかも知れない。俺は今じゃこういうことしか出来ねえぞ、何だよ、働いてるんだ俺は。みたいな? 文句ねえだろ。みたいな。何だってんだよ。みたいな。しかし辛いぞ。みたいな? いいや、もう…。

 ♪忘れなぁいで、お金よーりも、大切なものがある♪… いやぁーそう来ましたか、ローンのディック。癒されますねえ、この子の歌う映像は。いやいやまてよ、これはしかし…。ってか?


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あちこち作るブログ | トップ |  アフィリエイト対アフェリ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL