あごの心旅          

ご訪問ありがとうございます。

萬古焼 銀峯 菊花 ご飯釜

2016年10月15日 | 調理器具

←ランキングに加入していますのでクリックして頂ければ幸いです。
にほんブログ村

電気炊飯器から本土釜に切り替えしました。本土釜は最も安価な部類ですが高価な物にする必要性はないと考えます。


1.比較条件

(1)電気炊飯器(サンヨーの踊り焚き、三菱電機の蒸気レス)と菊花 ご飯釜土釜)(2)一年ほど前に採り数か前に精米された農家直送品

2.比較結果

(1)本土釜の方が炊飯直後および電子レンジ加熱後ともに一段と美味しい。甘味があり米粒の芯までふっくらしている。(2)本土釜の方が炊飯後に米粒が立って蟹穴が出来ている。(3)本土釜は沸騰後にガスを止めるだけで良く、短時間で炊飯が完了する。(4)炊飯中の湯気は少しでかつ短時間なので、蒸気レス電気炊飯器を使うまでもない。(4)本土釜は鍋を洗う感覚で良いので後かたづけが容易。

(1)長谷園かまどさんは粗土ですが本土釜は粗土と陶磁器との中間位なので吸水率が低い。従ってイ:お粥のデンプン質で目止めをする必要がない。ロ:土釜内で水浸しが出来る。ハ:ニオイ移りが気になる食材も調理する事が出来る。クリームシチューや肉じゃが等。煮込み料理も得意。ニ:カビの生える恐れが少ない。(2)軽量で持ち易い。

【製造元】 銀峯陶器株式会社      【購入先】Amazon   

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 家庭用耐火金庫 | トップ | 此岸と彼岸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む