Kakeru Mizutani 『明日に翔ける』

SHIMANO Racing 水谷翔のブログ

強い選手は、、、

2017-04-23 16:18:22 | 日記

強い選手どんな状況に置かれたって勝つときは勝つ。

今年のフランドルなんてジルベールは途中落車してたけど、強い選手は例え落車したって勝つ。

今日の群馬2日目、僕も残り3周でメカトラにあってしまったけど、そんなのトラブルの内に入らないし、そのトラブルになるのも全て自分のミス。

ここで少しなぜ僕は自分を悲観してるような事を言うか。

僕は小さい頃から思春期な高校の2年生頃までに物凄く、物事に対して負けたら言い訳がましい事を言い続けていた記憶がある。でもその言い訳について鋭く指摘するのが親父であった。少しでも言い訳したら殴られてた記憶しかない。そのお陰で今となれば言い訳なんて絶対しない!って決めてるし、そういう思考になってる。

負けたら、「お前が弱いだけよ!」
「強いやつは何しても勝つからね。」
この言葉は毎回毎回、親父から口すっぱく言われた。

だから僕はレースで最悪な結果だとこのように自分をかなり悲観する。

トラブルがあったからレース終わったなんて1つも思わない。

ただ足がなかったから千切れただけだ。

スプリントになったら勝てるようにまず集団にいないと話しになりませんね。
チームから任されてるからには必ず勝って、スプリント任してよかった。と思われるスプリンターであらなきゃなと。

本当にまたやり直してやらないとこれから勝つ事は出来ないだろうな。

やっぱり一桁順位、表彰台、そんな順位にコツコツ入れるって言うのもロードレーサーとしてはすごく大事な事だけれど、選手として求める場所は1番。それに尽きる。

万年5位より、この選手年間通しては弱いけど、どこかで勝利してるな。と1番を取れる選手の方がもちろん輝いて見えますし。

実際、勝つ選手は誰よりもそのレースで1番評価される。
だって実力社会だから。
どんなけ途中でレースを動かしたよ。って言っても、最後の1番の評価対象は勝者!


だから僕は今日残り2周のところで遅れたがメカトラとかじゃない、弱かっただけ。


またこれからもTOJ 、全日本選手権、鈴鹿国際。


大事なレースは沢山控えてる。

変わらずこれからも精進して言って、今シーズンも勝利してどんどん自信つけて行きたい。



写真は初日のゴールの一枚。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツアーオブタイランドを終えた

2017-04-09 13:53:39 | 日記

タイから帰国しました

全6ステージ934k パレードスタート区間も合わせると950kほどで6日間を走ってきました


uciアジアツアーの1クラスに位置するツアーオブタイランドは1クラスと格式が高いレースのために各ステージ三位までと総合で25位までにuciポイントがつけられるために毎日のステージで三位までを狙うのと、最終の総合で25位以内に入る事が狙いです!


タイの基本のレーススタイルは平坦基調ながら、暑さだったり、今年も現れわしなかったが時には激坂だったりと、平坦基調のレースと思われがちだが、かなりレース展開としては難しいステージもあるので今年も第1ステージからかなりの疲労を受けました。そして第1ステージから総合争いで上位を狙うためのアタック合戦が続き終盤で集団は大きく割れて先頭集団が形成されていった第1ステージでしたね。
レースの状況としてはシマノLiveブログやTwitterなどで配信されていた通りです。


タイの暑さには今年は3日前から現地入りをさせて頂いていたために、レースが始まる日には慣れて来てたと感じたので好感触で暑さ対策をできたと思っています。


それにしても今年もタイランドの毎日灼熱暑さと戦いを繰り広げてたなと帰国してゆっくりレース中の画像、映像などを見返してるところです。

uciポイントこそ取れなかったが、確実に去年とは別格な力がついてる事も確認できた事と何よりスプリントで勝負できるな!と手応えを掴めました。

きっと、3年後の東京オリンピックも集団1つのゴールスプリントの展開になってるだろうな。

俺の出番だ。

今からuciポイント稼いで行って東京オリンピックのゴールスプリントで己を輝かせるしかないな。。


ツアーオブタイランド今年も終わり、引き付き前半戦の主要レースに向けて頑張って行きます!

宜しくお願いします!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツアーオブタイランド開幕間近

2017-03-31 11:45:05 | 日記

3日前から現地入りでトレーニングさせてもらってます!

おかげで体調もうまくコントロールできてます!

便秘も解消!お腹の張りがなくなって昨日までもがく時にとても気になったてたが解消後はここ最近の調子通り。

ツアーオブタイランド6日間 930kほど、

6回uciポイント取れるチャンスがあるのでかならずとる事が目標ですし、自分にとってはこの平坦基調でスプリンターにとってはこれとないチャンスです!


宇都宮から成績上がってきてるし、ここでuciポイントとステージ優勝する事しか頭の中にないのでやりますよ!

どんな形であれ最後は自分がとる!

去年は一桁の順位があったけどまだまだだな。と思いながらレースも終わってたが、

今年は違う。

きついステージもあるかもしれないが、いつか自分にチャンスが必ず来るし、

そのチャンスをものにしていくツアーオブタイランドにして行きたいと思います!!


応援よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイの前に

2017-03-28 08:07:24 | 日記

ニュアンスハートさんでカットカラーしていただきました♪



こんな感じでいつも世間話しながらカットカラーしてもらってます!

ありがとうございます!

タイの前という事で暑さ対策できるくらいの髪は残しておき、短髪にしました〜


カラーはかなり明るくなったところで、タイに向けて出発!🇹🇭

タイの暑さに明るくなった髪色で熱く走ってきます!

ニュアンスハートさんありがとうございます!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮ロードレース

2017-03-27 14:21:33 | 日記

ホワイトジャージ(23歳以下の総合成績)着ての2戦目!



これはまだパレード走行をしてる時の一枚。

パレード走行の時は20k以下で走行のはずが登り坂きついぞ!どうした。って感じだったがメーターみたらかなりワット(仕事率、ペダルに伝わってる力)が高いぞ!踏まないと進まない。

なぜかと。、そうです。日本最大級のレース、ジャパンカップでお馴染みのコースの一部!

そのジャパンカップでもかなりの勝負所。
鶴カントリークラブの登り坂を、この宇都宮ロードレースでも取り入れています。


これはレースも激しい展開になるぞ。と思いレーススタート。

登って下って平坦を行っての繰り返しでアタックポイントも多くあるコースレイアウト。

スタートして一回目の鶴カントリーからかなり激しい、けど逃げたいからアタックの瞬間待ちながら走る。

そんな感じで毎周回のように同じような集団の動きでレースが動く



↑このアタックは鶴カントリーの登り前。

そこでは意外と集団がカーブの先で見えなくなるくらいまで差が広がるが、やはり鶴カントリーを登り終えた辺りで毎回集団がキャッチ。

集団のままレースも進み、残り2周でチームで総攻撃してくるブリッツェン。

地元開催で鶴カントリーを駆け抜ける絵は迫力満点だ。

残り一周に入る時に鶴カントリーで集団が割れるが裏のアップダウンでなんとか追いつくが本当にあのラインが自分の中ではギリギリだったと思う。
耐えれるか、気持ちが切れたら終わり。くらいのギリギリのラインだったが、気持ち切らさずに、しかも前にはシマノから西村さんしか乗ることができてなかった。

だが、前は少し見えてたしどんなけギリギリのラインだろうと気持ちが切れなかったのもそのお陰だろう。

集団は1つになり降り出しでゴール勝負へと行きましたが結局上位でスプリントできた選手は集団が割れた時も、先頭集団に入ってた選手が上位にいたので、やはり厳しいコースこそ攻める姿勢が大事で、最終的に勝利をしてる。

自分の脚質に厳しいコースでの安定した走りがまだまだ出来ない自分が今後どう修正できるか。

昨日より今日は強くなったと、常に変化し続け結果と攻めの姿勢を求めて行きます。

それではツアーオブタイランドも頑張るぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加