隠れ家-かけらの世界-

今日感じたこと、出会った人のこと、好きなこと、忘れたくないこと…。気ままに残していけたらいい。

黒沢健一さん

2016年12月07日 20時16分03秒 | 音楽

2016.12.7(水)


 http://feature.k-kurosawa.com/

 http://hideki-kurosawa.com/

 ショックなニュースが飛び込んできた、元L⇔Rで、今もソロで活躍している黒沢健一さんが亡くなったと。
 脳腫瘍の治療に入るという本人のメッセージを見たのはいつだったか。つい最近のように思う。回復して、また地道な活動を再開すると信じていたし、またL⇔Rの再結成の噂も流れていたし。本当に残念だ。

 胸の奥にギュッと飛び込んでくるキャッチーなメロディー、魅力的な声、才能を感じさせる際立って印象的なアレンジ。今でも、朝起きて仕事し始めるときに聴く最適な音楽として、L⇔Rの楽曲は私の中にある。
 多くのアーティストに楽曲を提供して、コンポーザーとしても才能を発揮された人だった。


 1996年だったか、97年だったか、黒沢さんやスピッツ草野がFM802のMUSIC GAMBOのパーソナリティーだった頃、それぞれの担当の曜日に相手のスタジオを訪れて、「初めまして~」「昔、どこかでニアミスしたことあったよね」なんて、ちょっとあらたまった会話を交わしていたことがあった。
 お互いに相手への素直なリスペクトを口にして、黒沢さんが「空も飛べるはず」?、草野くんが「Hello, It's Me」を歌ったんだ。どちらもステキだったなあ。
 黒沢さんはものすごく才能溢れる人だったから、なぜか「天才肌の、ちょっと生意気な人」(すみません)という印象をもっていて。でも二人の会話にはミュージシャン同士の心地よい風が流れておりました。

 最近でも変わらず、ソロ活動やライブに精力的だった。石田ショーキチ氏、スピッツ田村らとのmotorworksも再開してほしかった。
 ああ、この二人の快活な対談に切なくなる。

 http://www.neowing.co.jp/music/essentials/motorworks/interview.html

 石田ショーキチ氏
 https://twitter.com/ishidalf/status/806348268565184512?refsrc=email&s=11

 竹内修氏
 https://twitter.com/wilsonicjournal/status/806525737859575808?refsrc=email&s=11

 悲しいことではあるけれど、でも曲は生きている。それを聴き続けることはできる。
 そうやって、黒沢健一という才能あふれる音楽家は、変わらずここにいてくれるだろうか。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の岐阜~郡上八幡 | トップ | スピッツ、関西でのライブも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL