有明山に抱かれて   「安曇野の日々」

Uターンして始めた田舎暮らし。

なつかしさとあたらしさが混じった安曇野を

猫たちといっしょに冒険中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

穏やかな時間

2016-11-02 | 日記

きのう、初冠雪だった山にまた雪が降った。
きのうより少し下のほうまで。



今日も明子さんとわらべ歌です。


 池田町の山のふもと。 



  自然に馴染んだ子供たちは
  わらべうたのリズムに、ぴったりとはまっている。





 きれいな歌声は光のなかへ

 楽しげな足音は大地に

吸い込まれる



 ゲストハウスのオーナーさんと明子さんと。


 手前がホビットハウス
 うしろが種の保存庫。たくさんの種が瓶の中に納められて並んでいました。


 
 自然農園が素晴らしかったです。


 穏やかで美しい時間でした。

 頭の中に響いているのは

「やまのむこうにはなにがある…」のメロディ。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の中で | トップ | 「安曇野スタイル」始まる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事