案山子の農家人日記~時の過行くままに

毎日の生活の中で、見た事、感じた事、考えた事など
写真や音楽を交えながら気ままに綴ります。

そろそろ稲刈りも始まる

2017-09-21 17:30:05 | 農家日記

 

 

 

9月21日(木) //

 

昨日の午後からの天気は、先日の台風が接近して通過した時より酷かった。

今朝まで雨が残ったが、次第に晴れ間が見えて来て落ち着いた空に。

良い天気が三日と持たない今年の秋の空は稲刈りにも影響が・・・

昨年の今頃は、もう稲刈りが始まっていたが、今年は隣町の平鹿、羽後町方面に行っても全然始まっていない。

稲がない所は飼料用発酵稲(WCS)で、ラッピングされた白い塊が田圃の中に見える。

今年のお米の概算金が、多少値上がりしたが到底間に合うもんじゃない。

むしろ、こうしてWCSとして収穫した方が割に合う。

今後、家畜がいない農家であってもWCSに取り組む農家が増えていくような気がする。

昨日(20日)は彼岸の入りで、23日は立秋。

時間の流れが早く感じる。夏はあったっけ?って思えるほど短かった気がする。

週間天気予報を見ると、来週の火曜日頃までは☔マークがない。

一気に稲刈りが始まるだろうな。稲刈りが始まると秋本番!忙しくなるなぁ~

今日も日が暮れて行く。

明日も良い天気になりますように。

 

今日も一日、お疲れさまでした(^^)!

体調を整え、稲刈り本番に備えましょう!!

 

案山子

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一日遅れの日記

2017-09-06 16:00:08 | 農家日記




9月6日(水)


なごりを惜しむかのように蝉が鳴く。
そんな昨日は、28℃位まで気温が上がり暑い位の一日に。
蝉の声の主は、ミンミンゼミ?それともニイニイゼミ?

調べたら、ぜんぜん別もんだった^^;
呼び方が違うだけで同じもんだと今まで思っておったぞいww

  ※画像お借りしてます

左がミンミンゼミで、右がニイニイゼミ。
それぞれの画像をクリックすると、ようつべ(YouTube)に飛びます。
ミィ~~~~ン ミンミン ミィ~~~~ 
だから、ミンミンゼミだな 

この蝉の声を聞きながら昨日のお仕事は


(梱包とラップの様子 8/28)
先月の28日に梱包しラップした牧草運び。
雨になったり、WCSの収穫があったりで、現場に置きっぱになっておった。



全部で115個。午前中一杯掛かった。
ラストの1回の時また出羽丘陵草地に行った。



11月に入れば、鳥海山も綿帽子を被るようになるべか?
ススキや吹く風は秋の気配を感じるな。



大分稲も黄金色になって来たようだ。
丁度、降りてきた所に組織の向日葵畑があるが
今年は、ご覧のような無残なお姿に^^;



で、国道の歩道側の路肩にOさんがプランターで育てた向日葵を植えた。
それが今まさに見頃^^v



来年からは、ポットに種を蒔いて苗を定植した方が良さそうとOさんと話す。

向こうで親父が、田んぼのヒエ抜きをしてくれている。助かる^^
しっかり、除草剤を散布しているにも関わらず、この田圃だけは毎年生えて来る (_"_;)...



最後の一台は、奥の方に降ろす。
左側が1番草で、今回の2番草と合わせると200個位あるかな。
一番草のラップ牧草は、既に10個位牛に食わせた。
オイラの家では、頭数が少ないからこれ1個で1日~2日はもつ。
WCSの方は、1個で3日~4日。発酵飼料なのであまり多くは給餌出来ない。
お腹の中で、二次発酵してガスが溜まり鼓脹症を併発する事がある。
この位あれば、来年の春までは充分間に合う筈。
ただ中には、傷がついて穴が開いたり、ネズミや獣にやられて
中の牧草が駄目になる事もある。


合間に見つけた道端の花。


アザミ  (アザミ嬢のララバイと言う歌があったな^^)

 釣鐘草?
『妖精が宿るかのような愛らしいその花は詩人たちに愛され
宮沢賢治は「ブリューベル」青いベルと呼んだ。』(某サイトからの引用)
相変わらず、花の名前に疎い。釣鐘草であってる?

午後からは、軽トラに300リットルのローリータンクと高圧洗浄機を積んで除草剤の散布。
農道や減反している圃場の畦畔や法面に散布する。
普通、車や農機の洗車に使用する高圧洗浄機がこう言う事にも役に立ってる。

 
生憎、2リットルしか除草剤が残ってなかったので150リットル 程希縮液を作りあるだけ散布。
終わってから洗浄して下ろす。



夕方まで草刈りして終わる。



夕方5時頃の空。また雨になるんだべか?
夜には月も良く見えんかった。今夜(6日)が満月らしい。
綺麗な満月が見えたら、今夜も吠えるべ 


◇今日の秋田弁◇

『きしゃわり』

解釈:迷惑、しつこい、面倒くさいなど困った様 今風だと『ウザい』
使い方:しつこい男に付きまとわれた時に             

”あや きしゃわりじゃ”

あやきしゃわりを強調する方言。

くれぐれも、駅や列車に乗った時には使わないように!
『汽車が悪い』と言う意味ではないのでww
でも、今「汽車」って言う事なくなったね^^

今日も良い一日を
ご訪問ありがとうございました。



案山子




読み逃げスルー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひと区切り

2017-09-04 22:00:00 | 農家日記




9月4日(月)



夜中の3時過ぎに強いにわか雨で目が覚めた。
ん~、未だにトラウマになってる自分がいる。

ここ数年、台風や大雨の被害を免れてはいるが
5年前の事が頭から離れない。

CIMG0581.JPG

稲刈りを目前に控え、こう言う状況にはなって欲しくないと願うばかり。

さて、ここ数日良い天気に恵まれWCSの収穫も昨日で無事終わった。


(出羽丘陵草地)
このところ、めっきり朝夕冷え込みが厳しくなり
朝は軒並み11℃~13℃台。日中でも25℃を切る毎日。

昨日は早朝5時から組織活動の一環で草刈り。



近い内に現地確認があるので、耕作放棄地の草刈りを3人でした。
自分らの農地ではないが、そんなところも管理しなくてはいけない。
春から一度も草刈りをしてないのでご覧のありさま。2時間位で終わった。

今月の1日に刈り倒したWCS用稲。
一昨日ひとりで半分位ラップして終わり、昨日は残りを親子三人でやった。

流れを動画にしてみた。




2ヶ月後の11月初め頃から牛に与える事になる。



『春福』久々の登場ww
2月5日生まれの春福君は11月市場に出荷予定です。
みなさんからの投票で授かった名前。
毎晩、カミさんと牛舎に行っているので人懐っこい牛になった。
よく食べるし、よく寝るww

牧草の2番草もWCSも終わった事でひと区切り。
この後は、稲刈りに向けての準備に入る事になる。
何はともあれお天気次第。




これコキアの花らしいです。オイラのデジカメじゃこれが限界、ホントに小さい花です。



これから種が出来て、落ちて増えていくんでしょうね。



マリーゴールド全開。

でも、オイラはお疲れモード全開 ^^;

◇今日の秋田弁◇

『だじゃぐ』

解釈:横着・人のいう事を聞かない

例:北の○○なば、だじゃぐだな!


また一週間の始まりです。
だんだんオイラも”だじゃぐ”になってきたな(笑)

素敵な一週間でありますように。
せば、今日はこの辺で
ご訪問ありがとうございました。



案山子



読み逃げスルー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の中で

2017-06-04 09:31:16 | 農家日記





6月4日(日)


6月に入ってから、ずっと雨が続いている。
気温もグッと下がり、今朝は10℃を切っていた。
もう衣替えだと言うのに、半袖シャツを着るには寒すぎる。
むしろ重ね着しないといけない位の冷え込み。

勿論、家の中も暖房必須。
何だろうね、この天気は・・・。

田植が終わって、ひと安心はしているものの
この寒さは気になるところです。

朝飯前の田圃の見回りは毎日の日課。
水回りや苗の状態を観察して回る。
少し位の雨だと、山の緑が生き生きして見える。
気分的には、爽やかなひととき。

ざっとひと回りすると1時間位の時間を要する。
ちょっと寝坊すると、家族との朝食時間に遅れてしまう。
そんな時は、ひとりで朝食する事になるけど・・・。

このまま梅雨入りする事はないとは思うが
早く天気が回復して欲しいと願うばかり。
晴れればする事は沢山ある。

焦っても、天気が変わる訳じゃないし
束の間の休みを満喫しようと思う。

さて、今日は何をするかな?
外仕事が出来なくても、黙っていられない性分。
暇なのが一番困る(笑)




案山子








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田植えを終えて

2017-05-27 22:00:00 | 農家日記



5月27日(土)

お米作りの、春のひのき舞台ともいうべき田植えも無事終わり
ホッとひと息ついている所です。
幸い、お天気にも恵まれ4日間でトラブルもなく終わりました。
これからは、水管理も重要になって来ます。

今年の田植えは、同じ地域でもバラツキがあり
代掻きしている隣の田圃で田植えしている光景も見られました。
昨年の記録を見ると、我が家では同じ頃に田植えが終わっているので
周りが遅いのかもしれません。
やはり、雪解けが遅く準備の方で遅れがあったのかもしれませんね。

今年の夏は、猛暑になるって話も聞こえて来ますが
近年の温暖化による異常気象では、何が起きるか想像も出来ません。

お米作りは、秋の稲刈りまでの長丁場。
果たして今年の作柄はどうなる事か・・・。

出来れば、台風や大雨などの自然災害がなければいいと願うばかりです。






案山子











コメント
この記事をはてなブックマークに追加