俳句日記/高橋正子

俳句雑誌「花冠」代表

10月7日(金)

2016-10-07 10:48:49 | 日記
★みずひきの朱が試験期の図書館に  正子
 みずひき草は、俳句を作るようになって、自然に知った花だと思う。上のみずひきの句は、大学生のときの句だが、図書館にさりげなく活けてあった。大学構内のどこかにあるのを司書の方が摘んできたのかもしれない。砥部の家の庭にも植えたのか、自然に生えたのかわからない形で、初秋のころから赤い糸を引くように咲いた。みずひき草が咲くと、やはり活けたくなって、切り取って玄関に活けた。みずひき草は、「澄んだ空気」とよく似合う。だから、空気と似合うように活けて自己満足する。
 みずひき草には赤だけでなく、白い「銀みずひき」というのもある。蕾のときは、白さがよくわからないが、先日は、買い物の途中で、あの細いみずひきが満開になっているのを見た。それだけで済ますにはもったいないので、家に帰りカメラを持って出掛けた。小さな泡の粒粒が空気に浮かんでいるように見えたが、これもきれいだ。(自句自解)

○今日の俳句
★水滴に秋の日かがやきミント摘む/高橋句美子
ミントの葉に如露の水か、水滴が付いて、それを静かな秋の日が輝かせている。そのきれいな水滴の付いたミントの葉を摘むゆっくりとそして爽やかな時間が若々しく詠まれている。(高橋正子)

○北溟社から俳句手帳に載せる句の依頼が昨日あった。10月10日締め切りで、10月下旬発行。なんと手際よい。去年皆さんに配ったら、好評で今年は15冊注文した。去年は自分用は無しだった。
<青という空に垂れたる榛の花  高橋正子>

秋明菊が咲き始めるころになった。イギリス旅行したときも9月の終わりだったが、この花がよく咲いていた。今年は鉢植えの秋明菊が蕾をたくさんつけて花を楽しみにしていたのに、根元から急に枯れてしまった。原因はよくわからない。(2015)

○台風のこと
10月6日、台風18号が浜松に上陸し、横浜のお寺が潰れる被害があった。台風はわが家のあたりをほんの30分ほどで通り抜けた。そのあと、ぴかぴかの天気となった。吹き返しの風も吹かない。
松山や福山で暮らしたときの台風は、横浜の台風とは全く違う。横浜に来るのは台風というより、暴風雨だ。横浜の台風は、予兆というものをほとんど感じさせない。もっぱら天気予報で台風の来襲を知っている現状だ。台風は、もっと季節感がある。台風が来る予兆というのがある。肌身で台風の近付くのを感じるのだ。蒸し暑く、風の吹き方も少しずつ変わってきて、雲も暗く大量に空を覆う。海の色もどす黒く、波がぴちゃぴちゃと異様な音を立てる。今、沖縄あたりにいる台風は、今夜来るか、夜明けかなど、来る時間を想定し、雨戸を閉め、鉢植えなども大きなものは、風の当たらない陰へ移す。停電に備えて、懐中電灯や蝋燭を準備する。窓を開けるとカーテンが大きく風で膨らむのを見ると、窓をぴったりと閉め、来るべき台風を神妙に迎えるのだ。そして、台風が過ぎたあとの吹き返しの風が収まるのを待つ。吹き返しの風の涼しいが、やはりまだまだ台風なのだ。台風の後は、庭の落ち葉掃いたり、壊れたところはないか見回りをする。雨がはね上げた泥を流したりもする。これでさわやかな秋空が広がれば、「台風一過」となる。

台風来つつある夜の卓の丸い梨 正子

○桜蓼(さくらたで)

[さくらたで/東京・向島百花園]


★食べてゐる牛の口より蓼の花/高野素十
★一枚の洗ひ障子や蓼の中/瀧春一
★寺門出てそこが畦道蓼の花/稲畑汀子

 桜蓼(さくらたで、学名:Polygonum conspicuum)は、タデ科タデ属の多年草。
 北海道~九州の水辺に生える。根茎は地中で長くのび、枝を分けてふえる。茎は直立し、高さは50~100cmになる。葉は披針形で長さ7~13cm、短い葉柄がある。両端はとがり、両面に短い毛がある。鞘状の托葉は短い筒形で、ふちに長く堅い毛がある。秋に、うすピンク色のきれいな小花が咲く。花序は1~3本に分枝し、花穂は細長く、やや密に花をつけ、上部は垂れ下がる。花被は深く5裂し、長さ5~6mmで淡紅色を帯びる。花は直径約8mm。花には長花柱花と短花柱花との2型がある。雄しべは通常8個、雌しべは1個で柱頭は3岐する。果実はそう果で、長さ3~3.5mmの3稜形、黒色で光沢がない。 花期は8~10月。
 よく似た「白花桜蓼(しろばなさくらたで)」もある。花色が白く、花被が長さ3~4mmと小さい。蓼の花には、犬蓼・桜蓼・御蓼・岩蓼・穂蓼がある。

◇生活する花たち「いぬたで・金木犀・やぶまめの花」(四季の森公園)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月6日(木) | トップ | 10月8日(土) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事