◆自由な投句箱/花冠発行所◆

主宰:高橋正子・管理:高橋信之

4月11日~20日

2017-04-21 15:46:42 | Weblog

4月20日(5名)

●多田有花
花吹雪の下で手を振る少年ら★★★★
いい句だ。下五に置いた「少年ら」がいい。添削の必要がない。(高橋信之)

山の色明るくなりぬ花は葉に★★★
つくる影濃くなり初めし八重桜★★★

●満天星
鳴きながら山雀飛んで我を見る★★★
探鳥や華鬘咲きたる山の道★★★
山道の花大根や探鳥会★★★★
いい風景だ。「山道」「花大根」「探鳥」といい言葉が並んだ。(高橋信之)

●小口泰與
眼福の利根の岸辺や糸柳★★★★
釣糸をかすむる虻の顔面へ★★★
時刻む一本の道春嵐★★★

●廣田洋一
水琴窟耳を澄ませて春惜しむ★★★★
目の前に富士を望みて春のたり★★★
七色のヨット並走春の海★★★

●桑本栄太郎
畑に吹く風の男(をのこ)や葱坊主★★★★
葱坊主はいがぐり頭の男の子を思わせる。畑に吹く風を受ける、元気いっぱいの「風の子」である。たのしい句だ。(高橋正子)

菜の花や古びて畦に一輪車★★★
葉の蔭の蘂の赤きや花は葉に★★★

4月19日(5名)

●多田有花
一夜にて花さっぱりと消えにけり★★★
夜嵐の去りはつらつと春の山★★★
燕飛ぶ雲ゆっくりと流る空★★★★
「燕」と「雲」との対比がいい。広々とした空に春の動きがある。作者の快い発見だ。(高橋信之)

●廣田洋一
蝶のごとひらひら舞ひし落花かな★★★
公園の落花舞ひ来る保育園★★★★
落花のカーテン開ける並木道★★★

●小口泰與
笑うかに五百羅漢や翁草★★★
菜の花や水の惑星ほんわかと★★★
樺の花チャペルの鐘の高らかに★★★★

●満天星
花びらの散り敷く道を探鳥会★★★★
「花」と「探鳥」との取り合わせは、楽しい。「春が来た」喜びの句だ。生き生きとした喜びの句だ。(高橋信之)

黄鶲や歓声あがる探鳥会★★★
蝸牛を踏みさうになり探鳥会★★★

●桑本栄太郎
<妙心寺三景>
旧友の電話の誘い春うらら★★★
風光る高き木組みや大伽藍★★★
広大な伽藍に添いて八重桜★★★★

4月18日(5名)

●多田有花
疏水流る散りゆく花の真ん中を★★★★
「真ん中」がいい。「花の真ん中」がいい。嬉しくなるのだ。(高橋信之)

春しぐれの後の青空疏水ゆく★★★
花筏進む疏水の速さかな★★★

●谷口博望 (満天星)
人だかりプール開きの体育館★★★
頬白や狐も出たる探鳥会★★★★
俳句の面白さだ。俳句の良さだ。(高橋信之)

山雀の姿かわいや道づれに★★★

●小口泰與
有明の流れむさぼる花筏★★★★
山吹や水を被ける丸太橋★★★
入学やかんからかんと絵馬応う★★★

●廣田洋一
掬ひたる花弁かけ合ふ父娘かな★★★★
家族の喜びは、他愛もないところにあるが、その喜びは、かけがいのないものだ。「花弁かけ合ふ」喜びは、生涯忘れることのない喜びとなる。私の亡き父は、スポーツマンであったので、元気な子であった次男の私をよく連れ歩いた。(高橋信之)

枯草を咥へ飛び立つ春の鳥★★★
春の鳥鳴き声高し瓦屋根★★★

●桑本栄太郎
工場を囲みて赤き新芽かな★★★★
「赤き新芽」がいい。「工場」に快い活気があって嬉しい。(高橋信之)

春暑く高架通過やモノレール★★★
春惜しむ蘂の赤きや葉の蔭に★★★

4月17日(6名)

●谷口博望 (満天星)
花蘇枋むらさき匂ふ李香蘭★★★
鶯や進軍ラッパの二等兵★★★★
夏近しアベマキの花雨に濡れ★★★

●多田有花
鐘の音が桜のうえを園城寺★★★
三井寺の伽藍つなぎし桜かな★★★
疏水へとつづく水辺に残る鴨★★★★

●小口泰與
春の日や水語らえば魚応う★★★
はくれんやリズム奏づる里の川★★★
暖かや葱味噌煎の香ばしき★★★★
味噌味は、私の好物の一つだ。上五の季題「暖か」がいい。嬉しい春の季題だ。(高橋信之)

●廣田洋一
雛罌粟や透けて広がる十字の花★★★★
細き身の虞美人草や風に舞ふ★★★
雛罌粟やゆらゆら揺れて仲間呼ぶ★★★

●古田敬二
音させて夕餉に浅蜊洗いけり★★★★
四国松山の海岸で浅蜊を獲った思い出がある。また就学前であった私が浅瀬で、バタバタともがいていたのを父が助けてくれた思い出もある。。父の膝下の深さに過ぎなかったが、その思い出は今も懐かしく鮮明に思い出す。若くして世を去った父の思い出である。(高橋信之)

パレットの滲みのごとき若葉山★★★
若緑昼餉の二人包み蹴り★★★

●桑本栄太郎
自転車の部活帰りや花は葉に★★★★
下五に置いた「花は葉に」がいい。季題を見事に生かした。学校時代は、文武両道の生活を送っていたので、「部活」は懐かしい。野球、サッカー、バスケットボール等を楽しんでいた。(高橋信之)

春雷や目覚めて遠き昼の夢★★★
生垣を囲みて赤き新芽かな★★★

4月16日(6名)

●多田有花
花くずを踏んで歩きし山の道★★★★
青空に向け花びらの絶え間なく★★★
頂はつつじ続々開くころ★★★

●小口泰與
つばくらや砂場に集う園児達★★★★
ゆさゆさと容まるまる里桜★★★
かたわらに居てカメラ構えし夕桜★★★

●廣田洋一
裏返しの葉に包まれし椿餅★★★★
山の香をふんわり包み椿餅★★★
お茶入れて香り確かめ椿餅★★★

●谷口博望 (満天星)
<鶯の鳴く姿を初めて見て>
鶯の歌ふ姿や遠眼鏡★★★★
鶯や喉震わせて枝の先★★★
姿見せアリア歌へる花見鳥★★★

●桑本栄太郎
ほんのりと蘂の赤きや花了る★★★★
桜が咲き了るころ、花蕊が遠目にも赤く見える。蘂のほんのりとした赤さに花のおわりを思うのは、風流の一端。(高橋正子)

初つばめすいと背をむけ来たりけり★★★
陣を組みはやり集えり春の鴨★★★

●古田敬二
丈競う芍薬の芽の雨滴かな★★★
水底に影を映して花筏★★★★
きれいに澄んだ水であろう。花筏の影が水底に映っている。花筏の桜色と澄んだ水の色を合わせ思うと、静謐な中にもほのかな明るさが心を占めてくれる。(高橋正子)

縦横に乱るる落花の中にいる★★★

4月15日(5名)

●谷口博望(満天星)
金文字のお経のごとく花木五倍子★★★
瑠璃色に輝く色や翡翠飛ぶ★★★
花吹雪鯉城を統べし鯱瓦★★★★

●古田敬二
中天に陽来れば大きくいぬふぐり★★★★
中天の「太陽」と地上の「いぬふぐり」との対比である。張り合うことのできぬものの対比がいい。作者の内面の大きさを見た。(高橋信之)

しなやかに曲線白く雪柳★★★
先行くを追うごと散りゆく落花かな★★★

●廣田洋一
風信子花の重みに倒れけり★★★
チューリップ八重の蕾の陽を包み★★★★
小さいものが大きく、大きいものが小さく見えることがある。作者の内面の大きさによるのだ。(高橋信之)

川べりの桜並木や母子連れ★★★

●小口泰與
老農の太き十指や風光る★★★★
「老農」の人生の逞しさを詠んだ。中七の「太き十指」がいい。下五に置いた「風光る」が力強い。(高橋信之)

流心へ毛鉤打ちけり春落葉★★★
立並ぶ露店や風の山桜★★★

●桑本栄太郎
咲き分けの桃の花咲く厨窓★★★
ほんのりと蘂の赤きや桜散る★★★
光り透く柿の新芽やバスの窓★★★★

4月14日(7名)

●多田有花
花の雨終日降りて暮れにけり★★★
長雨のやみ間すかさず小綬鶏鳴く★★★
晴れやかに満開の桜見上げおり★★★★
上五の「晴れやかに」がいい。晴れやかな日が日常にあるのが嬉しい。与えられたので、なお嬉しい。(高橋信之)

●満天星
 樹齢300年の枝垂桜を見て
空抜けて枝垂桜のドームかな★★★
糸桜広大無辺の樹下に入る★★★★
糸桜時空を超えて散りにけり★★★

●小口泰與
畦川の水音高き花大根★★★★
「花大根」の優しい風景だ。嬉しい風景だ。(高橋信之)

雨後の野に群れてつんつんつくつくし★★★
耳たてし猫や忽然春の雷★★★

●廣田洋一
庭の隅かすかに紅き白躑躅★★★★
道の端白き躑躅の華やげり★★★
夕暮や赤きつつじの一つ散る★★★

●古田敬二
風頬に来て始まるや花吹雪★★★★
眼に見ることのできる嬉しさがあるが、肌に直に体感できる嬉しさは何よりも嬉しく思う。(高橋信之)

出会いあり別れもありて花筏★★★
楽しかり優しく頬へ落花かな★★★

●桑本栄太郎
花時の駅舎かしまし京都駅★★★
外つ人の観光ガイドへ花の京★★★★
いい風景を捉えた。「外つ人」を交え「花の京」は華やかに舞う。(高橋信之)

散り頻る色の哀れや花の屑★★★

●川名ますみ
高架まで花散りあがる六本木★★★★
朝の陽にさくらの影の消えずあり★★★
葉桜に花ある年も通院す★★★

4月13日(5名)

●多田有花
冬物を洗う桜を眺めつつ★★★★
幾分早めかと思うが、桜の季節を区切りに冬物を洗って、冬と決別する。桜が散ればすぐにも薄暑。快い生活のテンポだ。(高橋正子)

救急車花見の客の間を縫いし★★★
満開の桜を散らす風雨かな★★★

●谷口博望 (満天星)
花蘇枋ネオン灯りし向こう岸★★★★
河原鶸落ちて死したる交差点★★★
桃活けて夫婦喧嘩も忘れけり★★★

●小口泰與
さまざまに散り方あるよ夜の梅★★★
サイドカー片寄せてあり菜の花に★★★★
菜の花の咲く長閑なところに、サイドカーが止まっていて驚く。菜の花に魅かれて止めたのか、サイドカーに乗る人の心持に興味をそそられる。(高橋正子)

かたくなに曲がる老木風光る★★★

●廣田洋一
ぼってりと丸まり咲けるチューリップ★★★
枝先に葉の出て来たる桜かな★★★
目白二羽枝から枝へ花散らす★★★★

●桑本栄太郎
二階より枝垂れ源平桃の咲く★★★
坂道を染めて哀しき花の屑★★★
式を終え学校帰りや花ゆすら★★★★

4月12日(5名)

●多田有花
<吉野山三句>
吉野山さくらを隠す霧が立つ★★★★
吉野山に咲き満ちる桜、それだけでも圧巻の眺めであるのに、それを透かせるように霧が立ち上り幻想的な風景が現れた。感嘆ひとしきり。(高橋正子)

わき道にそれて桜を堪能す★★★
はくれんもいまが盛りの中千本★★★

●谷口博望 (満天星)
孫連れて河原鶸見る双眼鏡★★★
亀鳴くや俳句詠んでも伝はらず★★★
満州も父も知らずに桜散る★★★★

●小口泰與
花桃や双子の姉妹入園す★★★
はくれんや純粋無垢の園児達★★★★
夕まぐれ幽かに数う蝌蚪の数★★★

●廣田洋一
雨上がり風に舞ひ散る桜花★★★
塩味を効かせてこその桜餅★★★★
窓越しに鳥の声聞き桜餅★★★

●桑本栄太郎
丁度良き式の記念や花盛り★★★
雨降れば雨に解き居り紫木蓮★★★★
花は咲くときを選ぶというより、自然の気温や日照などによって花の咲くときが来る。雨が降れば、雨の中に花開く。自然の摂理ではあるのだろうが、健気だ。(高橋正子)

出雲路の風土記の里や花の雨★★★

4月11日(5名)

●谷口博望 (満天星)
「ありのままの」歌ふ子愛し桃の花★★★
木苺の花咲く道やフェリー行く★★★★
木耳やぶよぶよとして奇異なもの★★★

●小口泰與
梅散るやかそけき雨の音すなり★★★
花桃や名も知らぬ鳥かしましき★★★★
蝌蚪生(あ)れて幽かに池の笑いけり★★★

●廣田洋一
橋の下広がり進む花筏★★★★
傘さしてビニールシートの花見かな★★★
雨空に焔の如き赤椿★★★

●多田有花
<吉野山三句>
春しぐれこれより女人結界石★★★
花の雨避けて早めの昼ごはん★★★
山麓へ続く桜を展望す★★★★

●桑本栄太郎
出雲路の屋敷囲いや風光る★★★
結婚式の出雲大社や花曇り★★★★
縁結びの神で知られる出雲大社。そこでの結婚式は古式ゆかしい華やかなものであろう。花曇りの空が、結婚式の厳かな中にもある華やかさを引き立てている。(高橋正子)

菜の花や一両列車のワンマンカー★★★
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由な投句箱/4月11日~2... | トップ | 今日の秀句/4月11日~20日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む