◆自由な投句箱/花冠発行所◆

主宰:高橋正子・管理:高橋信之

3月21日~31日

2017-03-21 10:46:05 | Weblog

3月25日(3名)

●小口泰與
よそ者入れぬ郷人蕨山★★★★
花辛夷耳に通うは風と鳥★★★
黄水仙風に向き合い向きむきに★★★

●廣田洋一
工事用宿舎たたみて山笑ふ★★★★
冬場、山に道を通す工事であったのだろうか。寒冷に耐えての工事が無事終わり宿舎をたたんだ。「山笑ふ」に自然の大きさが読める。(高橋正子)

露天湯に身体横たへ山笑ふ★★★
富士を背に丹沢の山笑ひけり★★★

●多田有花
ときおりの風が散らしてゆく梅花★★★
春の宵生食パンの甘さかな★★★
鶯の声するなかに干し物を★★★★
鶯の声がはっきりと聞こえるうるわしい日。清潔に洗われた干し物に鶯の声がこだまするようだ。(高橋正子)

3月24日(4名)

●小口泰與
鎖樋遊ぶが如き春の雨★★★
孫娘かかるものかも春嵐★★★
朝かげの竹藪に鳴く匂鳥★★★★
「匂鳥」は「鶯」のことで、「竹藪」に「鶯」の取り合わせ。上五の「朝かげ」に作者の詩情がある。(高橋信之)

●多田有花
駆けるもまた楽しきことよ春の山★★★★
作者の駆け行く姿がありありと眼に浮かび、読者も「楽しきことよ」との思いを共有する。(高橋信之)

伊予柑むく芳香周囲に撒き散らし★★★
樹のありしところは空に彼岸過★★★

●廣田洋一
帰り来る夜道に香る沈丁花★★★★
上五の「帰り来る」がいい。作者の詩情がそこにある。(高橋信之)

雨打ちて香強まる沈丁花★★★
老ひらくの恋をしたるや沈丁花★★★

●川名ますみ
春宵をゆく銀髪のウィッグで★★★
桜の芽空の青さを弾き起つ★★★
春の空正面を向き待ち合わせ★★★★

桑本栄太郎
春風や畝のマルチの波打てる★★★
眠くなるような日射しや春の雲★★★
山膚の明暗しきりに春日影★★★★
<3月24日分の投稿を間違えて、「御礼」の欄に>

3月23日(5名)

●多田有花
頂に着けば初蝶飛び立ちぬ★★★★
春の森木を切る音の響きおり★★★
散る梅の隣で晩生の開きゆく(原句) 
散る梅の隣で晩生の梅開く★★★(正子添削)
すっと読んだとき「晩生」がわかりにくい。「開きゆく」の「ゆく」によって、句のイメージが止まらない。という理由で添削。(高橋正子)

●谷口博望(満天星)
柔らかく花びら開く紫木蓮★★★★
たんぽぽや昔を偲ぶ舫ひ石★★★
芽吹きたる被爆ユーカリ七十年★★★

●廣田洋一
通りがけ振り返り見る八重椿★★★
八重椿少し枯れては落ちにけり★★★★
落椿打ち重なりてくづれざる★★★

●小口泰與
廃線となりし狭軌やつくつくし★★★
鈍色の枕木へ雨辛夷咲く★★★
さえずりや回転扉より女学生★★★★

●桑本栄太郎
耕され畝の揃いぬ春の畑★★★★
冬の間手入れしない田や収穫を済ませた畑の土を起こし、植え付けの準備をするために耕された畑。整然とした畝が出来上がり、さっぱりとして春の光に輝いている。人の営みも見える明るい光景だ。(高橋正子)

鍬の音のもんぺ姿や花菜風★★★
大根の花に愁いの入日かな★★★

3月22日(5名)

●小口泰與
走り去る列車の尾灯春の雨★★★
春光や田ごとの水の満ちにける★★★★
よく見かける風景だが、「春光」といい、「田ごと」といい、「水の満ち」といい、どれもが春が来た喜びに満ちた言葉だ。俳句十七字の上五、中七、下五とうまく畳みかけていて、くどくないのがいい。(高橋信之)

五指で食ぶむすびや春の鳶の笛★★★

●多田有花
おだやかに大地潤す彼岸の雨★★★★
日常の身近な生活で見る風景だが、嬉しい風景だ。上五に置いた「おだやかに」が作者の思いを表して、読み手の心に響く。(高橋信之)

春昼のパンケーキ返し狐色★★★
門先で子らの縄跳び暮遅し★★★

●谷口博望(満天星)
てふてふの羽化さながらに辛夷咲く★★★
春霞寝釈迦のごとき厳島★★★★
蜷の髭太鼓叩いて珍道中★★★

●桑本栄太郎
うるむ眼のマスク美人や花粉症★★★★
ミモザ咲く日射しにけぶる鍼灸院★★★
芥子菜の天井川の入日かな★★★

●廣田洋一
枝先に朝日光らせ初桜★★★★
嬉しい「初桜」だ。作者の思いが中七の「朝日光らせ」に籠められている。写生の中に作者の「主情」が込められているのだ。(高橋信之)

初桜はにかみながら咲きにけり★★★
人気なき朝の公園初桜★★★

3月21日(5名)

●谷口博望(満天星)
甦る左遷の空や沈丁花★★★★
人生には左遷もありうる。「それもよし」と俄には思い難いが、あとから思えば、大きい宇宙から思えば、人間どうってことない。沈丁花がよく香る季節。(高橋正子)

石段のすみれ健気の頭をもたげ★★★
はくれんや吉祥天女舞ひ降りる★★★

●廣田洋一
引鴨や川辺の広き遊水池★★★
二羽揃ひ残る鴨らし水脈引きぬ★★★★
二羽揃っているのは番の鴨であろう。残る鴨が二羽揃って水を楽しんでいる。味わい深い句。(高橋正子)

春の鴨番で遊ぶ橋の下★★★

●小口泰與
雪山の耀う朝や未開紅★★★
榛名山(はるな)より春雲遊びかぎりなし★★★★
鳥ながれ花狂いたる丘の上★★★

●多田有花
赤子抱き梅花の下でお弁当★★★★
小枝焚き湯を沸かしおる彼岸かな★★★
春分の夜はまだ明けず午前五時★★★

●桑本栄太郎
まんさくの花びら惜しみなく坂へ★★★★
白木蓮の少し青ざめ風に咲く★★★
もくれんの夕日に淡き白さかな★★★
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由な投句箱/3月11日~2... | トップ | 今日の秀句/3月21日~31日 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お礼 (多田有花)
2017-03-26 10:19:46
信之先生、「駆けるもまた楽しきことよ春の山」に
ご句評をいただきありがとうございます。
山に散歩にいったとき、平坦なところや下りで時々走っています。
リズムが変わり、おもしろいです。

正子先生、「散る梅の隣で晩生の開きゆく」を 
「散る梅の隣で晩生の梅開く」に添削いただきありがとうございます。
原句は、まとまっていない感じがありました。
こうすれば、句としてすわりがよくなる、とわかりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む