◆自由な投句箱/花冠発行所◆

主宰:高橋正子・管理:高橋信之

今日の秀句/3月21日~31日

2017-03-21 10:47:46 | Weblog

3月31日(2句)

★梅と桃咲きて水面を明るくす/小口泰與
梅と桃が同時に咲くところ。梅と桃が水面が映っているのか、水面の傍に梅と桃があるのか、その両方とも水面の明るさは印象に残る。一度に春の来たうれしさが読める。「水面を明るくす」がいい。(高橋正子)

★お遍路の青き目もゐる札所かな/廣田洋一
四国に住んでいた時は春先からお遍路を日常見かけた。なかには、青い目の外国人の遍路も混じっていて、特に違和感はなかった。遍路は西国遍路、四国遍路などがあって、個人的にはいろんな思いがあって遍路をするのだが、同行二人の遍路は平和を思う。(高橋正子)

3月30日(2句)

★辛夷咲くトワイライトの大通り/谷口博望(満天星)
辛夷が咲く夕暮れの大通り。「トワイライト」が都会の大通りを洒落た雰囲気にしている。少し憂いを帯び、少しロマンチックな夕暮れだ。(高橋正子)

★春の山小枝を拾う楽しさよ/多田有花
有花さんは、小枝を燃やしてお湯を沸かしたり、ご飯を炊いたりできるごく小型のストーブを手に入れらたようだ。春山には小枝がたくさん落ちている。必要な分を拾って湯を沸かしコーヒーを飲んだりするのも楽しい生活だ。「拾うたのしさよ」となる。(高橋正子)

3月29日(2句)

★日に一度来るバス停や松の花/小口泰與
日に一度しか来ないバスを待つあいだ、私が、つい、することと言えば空を見上げることだ。そんなときには、日に輝く松の花が目に入る。この句もそんな様子だろう。(高橋正子)

★からし菜や天井川の土堤高く/桑本栄太郎
野良生えのからし菜。天井川の土手に高々と育ち、空に触れて、勢いが良い。元気な様子は見てい快い。(高橋正子)

3月28日(2句)

★花辛夷頭上を舞える鴎かな/谷口博望(満天星)
辛夷の花から空を舞い飛ぶ鴎が姿が連想されるのも妙味。辛夷が咲き、空を鴎が舞う。穏やかな景色だ。(高橋正子)

★淀川の鉄橋アーチや草青む/桑本栄太郎
草青む光景としてどこか懐かしさを呼ぶ。「鉄橋のアーチ」と「草青む」の取り合わせがあっさりしていい。(高橋正子)

3月27日

★街中の菜園支柱や花ゑんどう/桑本栄太郎
街中の菜園に植えた豌豆が花をつけている。まださほど伸びていない豌豆はかわいい花を咲かせ、支柱がたてられた。五月の収穫が楽しみな明るい風景だ。(高橋正子)

3月26日(4句)

★棚田から棚田へ春の水しげき/小口泰與
四国松山在住の頃よく高知へ出掛けた。山越えの小旅行で、棚田の風景を楽しんだ。(高橋信之)

★春の田の彼方に朝の淡路島/多田有花
いい風景だ。「春の田」に「淡路島」を取り合わせたのだ。私の先祖は徳島で、私は大阪生まれなので、「淡路島」には、それなりの思いがある。(高橋信之)

★二人して歩みし春野この先も/河野啓一
若き日の思い出である。季題の「春野」がいい。その「春野」に続き、「この先も」と置いて一句を収めた下五がまたいい。(高橋信之)

★夕まぐれ辛夷の白の尚白し/川名ますみ
季節感をしっかり捉えた句だ。下五の「尚白し」が効果的で、作者の詩情が読み手の心に届いてくる。(高橋信之)

3月25日(2句)

★工事用宿舎たたみて山笑ふ/廣田洋一
冬場、山に道を通す工事であったのだろうか。寒冷に耐えての工事が無事終わり宿舎をたたんだ。「山笑ふ」に自然の大きさが読める。(高橋正子)

★鶯の声するなかに干し物を/多田有花
鶯の声がはっきりと聞こえるうるわしい日。清潔に洗われた干し物に鶯の声がこだまするようだ。(高橋正子)

3月24日(3句)

★朝かげの竹藪に鳴く匂鳥/小口泰與
「匂鳥」は「鶯」のことで、「竹藪」に「鶯」の取り合わせ。上五の「朝かげ」に作者の詩情がある。(高橋信之)

★駆けるもまた楽しきことよ春の山/多田有花
作者の駆け行く姿がありありと眼に浮かび、読者も「楽しきことよ」との思いを共有する。(高橋信之)

★帰り来る夜道に香る沈丁花/廣田洋一
上五の「帰り来る」がいい。作者の詩情がそこにある。(高橋信之)

3月23日

★耕され畝の揃いぬ春の畑/桑本栄太郎
冬の間手入れしない田や収穫を済ませた畑の土を起こし、植え付けの準備をするために耕された畑。整然とした畝が出来上がり、さっぱりとして春の光に輝いている。人の営みも見える明るい光景だ。(高橋正子)

3月22日(3句)

★春光や田ごとの水の満ちにける/小口泰與
よく見かける風景だが、「春光」といい、「田ごと」といい、「水の満ち」といい、どれもが春が来た喜びに満ちた言葉だ。俳句十七字の上五、中七、下五とうまく畳みかけていて、くどくないのがいい。(高橋信之)

★おだやかに大地潤す彼岸の雨/多田有花
日常の身近な生活で見る風景だが、嬉しい風景だ。上五に置いた「おだやかに」が作者の思いを表して、読み手の心に響く。(高橋信之)

★枝先に朝日光らせ初桜/廣田洋一
嬉しい「初桜」だ。作者の思いが中七の「朝日光らせ」に籠められている。写生の中に作者の「主情」が込められているのだ。(高橋信之)

3月21日(2句)

★甦る左遷の空や沈丁花/谷口博望(満天星)
人生には左遷もありうる。「それもよし」と俄には思い難いが、あとから思えば、大きい宇宙から思えば、人間どうってことない。沈丁花がよく香る季節。俳句形式が言わしめた句。(高橋正子)

★二羽揃ひ残る鴨らし水脈引きぬ/廣田洋一
二羽揃っているのは番の鴨であろう。残る鴨が二羽揃って水を楽しんでいる。味わい深い句。(高橋正子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月21日~31日 | トップ | 自由な投句箱/3月21日~3... »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼 (廣田洋一)
2017-03-22 19:15:12
高橋信之先生
   正子先生
いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
3月21日の秀句に「二羽揃ひ残る鴨らし水脈引きぬ」
をお選び頂き、その上正子先生には素敵な句評を賜り有難う御座います。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
御礼 (小口泰與)
2017-03-23 15:18:49
高橋信之先生、正子先生
3月22日の投句「春光」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上、信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。
これからもよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございました。
御礼 (廣田洋一)
2017-03-24 08:51:54
高橋信之先生
   正子先生
いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
3月22日の秀句に「枝先に朝日光らせ初桜」
をお選び頂き、その上信之先生には簡潔な句評を賜り有難う御座います。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます。
お礼 (多田有花)
2017-03-24 10:31:36
信之先生、正子先生
「おだやかに大地潤す彼岸の雨」を3月22日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
3月に入ってから雨らしい雨が降っておらず、久しぶりの雨に気持ちがゆったりしました。
御礼 (桑本栄太郎)
2017-03-24 19:29:17
高橋信之先生、正子先生
3月23日の今日の秀句に「耕され畝の揃いぬ春の畑」の句をお選び頂き、嬉しいご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
日毎に気温も上がり、近在の田園の畑も春耕で賑わっています。畝が綺麗に出来上がれば見て居るだけでも心が躍りますね!!。
自由な投句箱 (桑本栄太郎)
2017-03-24 19:35:36
★春風や畝のマルチの波打てる
★眠くなるような日射しや春の雲
★山膚の明暗しきりに春日影
御礼 (小口泰與)
2017-03-26 15:02:42
高橋信之先生、正子先生
3月24日の投句「匂鳥」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上、信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。
今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございます。
お礼 (多田有花)
2017-03-27 09:49:44
信之先生、正子先生
「鶯の声するなかに干し物を」を3月25日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
家の周りで鶯の声がよく聞こえるようになりました。
今朝もよく晴れて囀りが聞こえています。
春の気分を最も盛り上げてくれるもののひとつです。
御礼 (小口泰與)
2017-03-27 12:44:18
高橋信之先生、正子先生
3月26日の投句「春の水」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上信之先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。これからもよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございます。
お礼 (多田有花)
2017-03-28 09:14:10
信之先生、正子先生
「春の田の彼方に朝の淡路島」を3月26日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
先日、姫路から三ノ宮までJR神戸線の新快速電車に乗りました。
加古川から明石へ向かうまでの区間にぽっかりと田んぼが残っているところがあります。
播磨灘の海岸線が南に向かってせり出しているところで、その先に淡路島が見えます。
御礼 (廣田洋一)
2017-03-28 11:13:53
高橋信之先生
   正子先生
いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
3月24日の秀句に「帰り来る夜道に香る沈丁花」
をお選び頂き、その上信之先生には簡潔な句評を賜り有難う御座います。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます
御礼 (廣田洋一)
2017-03-28 11:17:14
高橋信之先生
   正子先生
いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
3月25日の秀句に「工事用宿舎をたたみ山笑う」
をお選び頂き、その上正子先生には素敵な句評を賜り有難う御座います。
アルジェリアで日本の建設会社が工事をした高速道路を詠んだものです。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます
御礼 (桑本栄太郎)
2017-03-28 21:24:02
高橋信之先生、正子先生
3月27日の今日の秀句に「街中の菜園支柱や花ゑんどう」の句をお選び頂き、嬉しいご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
街中の狭い家庭菜園へも支柱が立てられ、豌豆の白い花が咲いています。愈々春たけなわの嬉しい光景を迎えました。
御礼 (桑本栄太郎)
2017-03-29 19:23:16
高橋信之先生、正子先生
3月28日の今日の秀句に「淀川の鉄橋アーチや草青む」の句をお選び頂き、嬉しいご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
久し振りに所要にて阪急電車に乗り、大阪へ出かけました。嘗て通勤の行き帰りによく通過していました、淀川の鉄橋を電車で通りました。さすがに淀川の大河の土手は大きくて高く、鉄橋がいくつもあって、アーチを懐かしく望みました。
御礼 (小口泰與)
2017-03-31 12:43:30
高橋信之先生、正子先生
3月29日の投句「松の花」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上正子先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。これからもよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございました。
御礼 (桑本栄太郎)
2017-03-31 20:14:43
高橋信之先生、正子先生
3月29日の今日の秀句に「からし菜や天井川の土堤高く」の句をお選び頂き、嬉しいご句評も頂戴しまして大変有難う御座います!!。
高槻の教会へ訪れ、時間のある時は近くにある天井川を散策する事が良くあります。大きくてとても高い土堤があり、民家の屋根が下の方に見えます。先日はその見上げるほどの土堤に、からし菜が咲き乱れていました。
お礼 (多田有花)
2017-04-01 09:42:26
信之先生、正子先生
「春の山小枝を拾う楽しさよ」を3月30日の秀句にお選びいただきありがとうございます。
正子先生のご句評どおり、3月のはじめに小枝を燃やす携帯できるストーブを手に入れました。
これで火をおこしてコーヒーをいれたりするのが、毎日の楽しみです。
御礼 (廣田洋一)
2017-04-01 17:32:58
高橋信之先生
   正子先生
いつも懇切にご指導頂き有難うございます。
3月31日の秀句に「お遍路の青き目もゐる札所かな」
をお選び頂き、その上正子先生には素敵な句評を賜り有難う御座います。
今後とも宜しくご指導の程お願い申し上げます
御礼 (小口泰與)
2017-04-02 08:59:41
高橋信之先生、正子先生
3月31日の投句「梅と桃」の句を今日の秀句にお選び頂き、その上正子先生には素晴らしい句評をたまり厚く御礼申し上げます。
これからもよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む